私達は企業の未来をアシストする中小企業診断士のプロ集団です。

2017年度08月定例会 活動報告

2017年8月度の定例会についてご報告いたします。

8月定例会は、中小企業政策研究会のビジネスモデルカフェの企画『ユニバーサルデザインワークショップ~「デザイン思考」で障がい者の「できる」を増やすワーク体験~』と題して、橋本大佑様(一般社団法人コ・イノベーション研究所 代表理事)に講演していただきました。また、日常的に「できないこと」「困っていること」を語っていただく障がい者ファシリテーターとして、車椅子ライフデザイナーの白倉栄一様、戸山土曜会代表の福田彰様、大野泰平様にご出席いただいたほか、提案者であるビジネスモデルカフェの武井会員、日景会員、木下会員にもご協力いただきました。

20170809_01

今回の定例会の目的は、以下の3つです。

・経済産業的視点、企業経営に資するアプローチで、障がい者支援の在り方を考えること

・障がい者の方々が直面する課題は十人十色であり、生の声に触れることで、課題を多面的に柔軟に考えること

・ユニバーサルデザインの考え方を学び、デザイン思考を用いて、障がい者をはじめ、さまざまな方々にとって価値のある商品、サービスづくりの手法を体験すること

講演ではまず、ユニバーサルデザインの知識を深めるための説明が行われました。2020年東京オリンピック・パラリンピック大会に向けて政府が策定した「ユニバーサルデザイン2020行動計画」は、「障がいのある人もない人も、支え手側と受け手側に分かれることなく共に支え合い、多様な個人の能力が発揮されている活力ある社会」(共生社会)を目指しています。また、価値の高いイノベーションは、多様性が高いほど起きやすいとされています。

こうした多様性を尊重し合いながら、コミュニケーションをとり、共に支え合う「心のバリアフリー」実現に向けて、重要になるのが「ユニバーサルデザイン」。難しく考えることはなく、「今までよりできる限り多くの人にとって利用しやすいデザイン」を生み出せれば、それはユニバーサルデザインになるとのことでした。

その後は、障がい者ファシリテーターを囲んだワークショップに。

最初のワークでは、私達が普段何気なく利用している道路の写真などを題材に、障がいを持つ方々から、現状困っていることのヒアリングを行いました。何気なく歩いている横断歩道の段差や街頭の障害物などが、私たちでは気づきにくい不便さにつながっている点を実感しました。

そんな中、アイデアを次々生み出している福田様からは、片手でも全身を洗えるタオルを考案するなど、日々の不便さを克服するための工夫の数々について、紹介していただきました。

20170809_02

次のワークでは、複数のグループに分かれ、ホテルの予約・利用時の課題や、自分に合う靴が見つからない悩みなど、白鳥様、福田様、大野様の個人的な困りごとをまずヒアリング。そして、それらを他のユーザーの課題としても「一般化」した上で、「バリュープロポーションマップ」を用いて、新規ビジネスモデルの策定にチャレンジしました。

20170809_04

各グループとも、普段は思いも付かないテーマで苦戦を強いられる一面もありましたが、ビジネスモデルカフェメンバーのサポートの下、短時間の間に興味深いビジネスモデルを次々とまとめ上げて発表へ。障がいを持つ皆様からもフィードバックを受け、会は好評のうちに幕を閉じました。

なお、会の冒頭では、この日が誕生日で、同日に開業届けも出した白倉様に武井会員から花束が贈呈され、会員一同、拍手で祝福いたしました。

20170809_05

2017年度07月定例会 活動報告

2017年7月度の定例会についてご報告いたします。

7月度定例会は、中小企業政策研究会のFATの企画として『あなたはFAT印刷を救えるか?』と題して、宇都会員、稲垣会員に講演を行っていただきました。

講演ではまず仮想企業である「FAT印刷」が身を置く印刷業界の特徴や現状を紹介いただき、それを踏まえてFAT印刷の財務状況や今後の事業計画についてワークを行いました。

FAT印刷は創業から42年目の印刷会社で、自社でデータ生成から製本まで行える仕組みを持っています。診断士のアドバイスを受けながら経営改善を進めているところで、社長に「気づいてもらう」ために診断士として何ができるかを考えていきました。

印刷業界の特徴・現状

講演では初めに、印刷業界について特徴や現状、動向などが宇都会員より紹介され、ワークをするにあたっての基礎知識を学びました。
20170711_01

まず、印刷業界はガリバー企業2社と中小企業群で構成されており、共存共栄の分業体質であることや、消費地近接型であるため都市部の出荷額が多いことが紹介されました。

印刷業の現状として、外部環境に左右されやすい商業印刷は折り込みチラシやフリーペーパーの減少に直面しており、また出版も著しく市場規模が縮小するなど厳しい状況にあります。そのような状況でも、オンデマンド印刷やWeb to Printといった手軽に発注・製作が行えるような仕組みや、ネット印刷やインバウンド需要の取り込みのように近年急成長した分野も登場しています。

ワーク1:FAT印刷の決算書を見てみよう

FAT印刷の決算書から、問題点・課題点を推測するワークを行いました。一通り個人で考えた後に班内で議論を行い、各々の観点を話し合うことで大いに盛り上がりました。各班の発表では、残業が増加していることや外注加工費が増加して利益が出にくい体質になっていることなどの指摘が出ました。

その後宇都会員より、中小企業の財務分析では「2期~3期分比較して変化を確認すること」、「引当金の不計上や減価償却不足などありがちな決算処理がないか」に注意することが必要で、俯瞰して問題点や課題を把握することの重要性が示されました。
20170711_02

デジタル印刷について

講演の後半では、近年登場したデジタル印刷について、従来の印刷と異なる部分を稲垣会員から紹介いただきました。デジタル印刷では、印刷の版である「刷版」を作る作業が不要なため固定費削減ができること、また手軽に出力が可能なため小口の業務に向いている仕組みであることが、ワークの前提の知識として紹介されました。

20170711_03

ワーク2:あなたはFAT印刷を救えるか?

FAT印刷では、取引先のペーパーレス化による受注減少や印刷用紙の高騰により赤字になってしまうことが見込まれていました。そこで、デジタル印刷機の新規導入も含め、方針の異なるⅠ~Ⅳ案のうちいずれを提示すべきか班内で議論を行いました。どの案も一長一短あり、班内でもなかなか意見がまとまらない姿も見られました。各班発表でも意見が分かれ、最後にFAT内で議論したメリット・デメリットが発表されると、参加者はみな気づきを得たようでした。発表終了後には盛大な拍手に包まれ、11月度の企画である「事業計画書を作ってみよう」にも期待が寄せられていました。

20170711_04

2017年度06月定例会 活動報告

2017年6月度の定例会についてご報告いたします。

6月度定例会は、前半に本年9月以降の定例会企画を決める企画コンペを実施しました。後半は平成28年度総会、本研究会の創立者である遠藤直仁先生による特別講演が行われました。

企画コンペは事前のネット投票による1次選抜を通過した上位15企画について、企画者よりプレゼンテーションが行われました。以下発表順に企画内容と発表者をお知らせします。

1.図解で収益モデルを見える化する「ピクト図解®」 講座! <<日景聡>>
2.「あなたにはつい話しちゃう」
と言われるコンサルタントになるための傾聴技術 <<高橋光久>>
3.リターンを生む働き方改革とは? <<宇都啓介>>
4.古典芸能に学ぶ、話の「覚え方、話し方、笑わせ方!」
これであなたもプレゼン真打!! <<井上誠>>
5.IoT特許ビジネス最前線
~最新IoT特許情報から中小企業のビジネスチャンスを探る <<木下忠>>
6. FAT印刷の事業計画書を作ってみよう! <<藤本江里子>>
7.徹底研究!地域支援を行う診断士のあるべき姿とは?
~ゴーストタウンだった熱海の街を復活させた事例から探る!~ <<小島慶亮>>
8.私の倒産体験談 <<仲田俊一>>
9.ビジネスが180度変わる!?
最もアツイ技術「ブロックチェーン」の姿 <<田原弘貴>>
10.実演!『売れる商品写真』の撮り方 <<石田紀彦>>
11.政策研新旧チームリーダーが語る!
独立診断士 3人がどうやって独立したか <<小田恭央>>
12.女子力のミクロ経済 <<中口宗紀>>
13.失敗企業と成功企業の分岐点 ~私の再生支援経験より~ <<岩本亨>>
14.本当はどうなの?企業内診断士【副業の実態】隠さず見せます! <<三木進史>>
15.事例に学ぶ、中小企業の社長はどのような支援を求めているのか?
~ここまでやれば中小企業は生き返る!~ <<岩本亨>>

持ち時間である4分間を存分に使い、さすが診断士と思わせる熱意のこもった聴く人の心をぐっと惹きつける素晴らしいプレゼンテーションが実施されました。終了後、本発表内容について、コンペ当日の参加者が1位から3位までを投票しました。

集計は以下のルールに基づいて行われ、事前のネット投票とコンペ当日の投票を合算した点数で順位を競いました。

・コンペ当日の投票 :1位3点、2位2点、3位1点
・事前のネット投票 :1位3点、2位2点、3位1点

集計の結果、下記順位となりました。1位から9位までの企画が、本年9月以降の定例会で発表される予定です。

1.事例に学ぶ、中小企業の社長はどのような支援を求めているのか?
~ここまでやれば中小企業は生き返る!~ <<岩本亨>>
2.本当はどうなの?企業内診断士【副業の実態】隠さず見せます! <<三木進史>>
3.実演!『売れる商品写真』の撮り方 <<石田紀彦>>
4.私の倒産体験談 <<仲田俊一>>
5.失敗企業と成功企業の分岐点 ~私の再生支援経験より~ <<岩本亨>>
6.徹底研究!地域支援を行う診断士のあるべき姿とは?
~ゴーストタウンだった熱海の街を復活させた事例から探る!~ <<小島慶亮>>
7.ビジネスが180度変わる!?
最もアツイ技術「ブロックチェーン」の姿 <<田原弘貴>>
8.政策研新旧チームリーダーが語る!
独診断士 3人がどうやって独立したか <<小田恭央>>
9. FAT印刷の事業計画書を作ってみよう! <<藤本江里子>>

後半は、年次総会が開催され、進行役である岩本幹事より平成28年度総会開会の宣言、次に決算報告・幹事改選・会則改正を議題とする旨の報告がなされました。

1つ目の議題である決算報告については、沢田幹事より収支報告書のとおり会計報告がなされ、出席会員全員一致の承認を得ました。

2つ目の議題である幹事改選については、岩本幹事より平成28年度新チームの2名(飯野会員、古山会員)が新任幹事として就任し、その他の幹事は留任となる旨を報告し、出席会員全員一致の承認を得ました。

3つ目の議題である会則改正については、岩本幹事より出席できない会員の意志も反映すべきという意見を尊重し、今後は電磁的方法による議決権行使を認める旨を報告し、出席会員全員一致の承認を得ました。

総会の閉幕後、遠藤先生による講演が行われました。大企業における不正会計がその企業のみならず社会に大きな影響を与えていることに言及し、なぜ会計がそれまで大きな影響を出してしまうのかというテーマを、事例等を用いながら説明いただきました。

また、会社の実態を把握し助言していく診断士には、会計の仕組みを理解できる会計の力をつけること、そして今後もルールが変化し続ける会計に対してしっかりと意識を持ち取り組んでいく必要であるというメッセージを頂きました。

2017年度05月定例会 活動報告

20175月度の定例会についてご報告いたします。

5月度定例会は、中小企業政策研究会の事業承継研究会の企画として『今さら聞けない! 事業承継入門講座』と題して、染谷会員をはじめ事業承継研究会会員の方々に講演を行っていただきました。

公演は中小企業庁の策定した「事業承継ガイドライン」のポイント紹介から始まり、事業承継の現場での事例紹介と進み、最後に参加者全員で事業承継の中での診断士の役割を考えました。

20170516_01

事業承継ガイドラインのポイント

公演の前半では、事業承継ガイドラインの内容として、事業承継の現状と、事業承継が進まない理由、そしてガイドラインの改訂ポイントが灰田会員、中村会員、小寺会員より紹介されました。

20170516_02

現状としては、社長の高齢化が進行し、会社を引き継ぐ人がいないため同業他社と比べて順調な業績であるにも関わらず廃業を予定している企業が多くあることや、円滑に承継ができれば成長につながる傾向があることが示されました。それでも10年前から事業承継がうまくいかないという課題は変わっておらず、そこには国が施策を打てどもあまり使われていないという現実がありました。また、中小企業を承継する魅力が不足していることも一因と示され、要因が複雑に絡み合った事業承継の難しさを理解する貴重な機会となりました。

今回のガイドライン改訂では、事業承継を進めるためにステップの明確化やツールの整備、支援体制の強化がポイントとして挙げられており、早期に計画、着手をして円滑な承継を促進することの重要さが紹介されました。

支援企業の事例

公演の後半では、中村会員よりアルミ業者の事例をお話いただきました。

20170516_03

思い切って業態変革を行った後に取引先から契約を打ち切られ、苦しい中追い打ちをかけるように社長を病魔が襲う。長男は経営を担えるだけの能力も意思もなく、司令塔がいなくなった企業は迷走してしまった。そこからは、ある程度の年齢になったら、会社の業績問わず承継を考えなくてはいけないという学びがあり、心に留めておくべき内容でした。

20170516_04

診断士の役割について

最後には、診断士のかかわり方を自らで考え、発表する場が設けられました。参加者からは「まず診断先の社長に問題提起をして承継について理解してもらう」、「専門家を招集する役割なのでは」、「後継者の育成に目を向けさせる」、「事業の魅力を向上させる」など様々な視点での意見が出て、診断士の役割について改めて考える良い機会となりました。

「診断士は全体を鳥瞰(高いところから見る)してリードしていく」考え方が承継研より紹介され、講演の後には集まった73名もの参加者から盛大な拍手が沸き起こりました。

20170516_05

2017年度04月定例会 活動報告

2017年4月度の定例会についてご報告致します。

4月度定例会は、岩本亨会員の企画として、『事例に学ぶ、中小企業の社長はどのような支援を求めているのか?』と題して、中小企業診断士でもある島根県信用保証協会出雲支店支店長 小野拳さんに講演を行っていただきました。

1

講演は小野さんがいらっしゃる島根県の紹介に始まり、小野さんが担当した印象深い2企業の事例、経営者との対話で気づかされた事と講演が進んでいきました。

支援企業の事例

講演の前半では、小野さんが担当した企業の事例として、パン等製造業と衣料品製造業の2つの事例が支援に至る経緯からどのように支援していったのか、具体的な行動を交えて紹介されました。

2

パン等製造業の事例では、民事再生適用後の最高益を達成した経営改善について紹介されました。資金繰りが厳しく、誰も応援してくれない状況でも4年間、毎月一日も遅れずに代位弁済の返済を続けてきた経営者。その様子を見ていて、何とか力になれないかと強く思い、朝3時にパン工場を見学したり配送に同行したりして自らの目で問題点を見つけ、提案し、経営者に寄り添うことによって経営改善に繋げた保証協会の担当者。担当者の思いと経営者の思いのぶつかり合いの中で、信頼関係を構築して改善を実現させていったプロセス・・・。現場に深く入り込んだ改善活動を聞ける貴重な機会となりました。

衣料品製造業の事例では、主要取引先の破綻により連鎖倒産の危機をなんとか回避した企業を立て直すべく支援した取り組みが紹介されました。受注量が増加しながらも資金ショートが予想される事態の発生、なんとか資金ショートを回避する(奇策とも言える)対策を模索し実現させ、資金繰りをつないだ。経営改善のお手伝い以上に、経営の一翼を担う覚悟で行われた支援は参加者にとっても大変興味深い内容でした。

3

経営者との対話で気づかされた事

講演の後半では、小野さんが経営者の方々との交流によりカタチ作られていった「顧客幸福」「従業員幸福」を中心にお話をいただきました。「顧客満足」と「顧客幸福」、「従業員満足」と「従業員幸福」の違いはなんなのか・・・?

顧客満足=低価格、高品質、短納期/従業員満足=高処遇、ラクな仕事

→このように短絡的にとらえ疲弊する経営者が多いが

顧客幸福=夢や感動、気配り、価値に気付かせる/従業員幸福=成長の実感、やりがいなど

→顧客や従業員から支持され、結果持続できるのはむしろこうしたこと

そして、それぞれの「幸福」を実現し、高い実績をあげている企業の事例が紹介されました。

4

「多くの経営者は孤独であり、本気で応援してくれる人。戦友がいない。」「だからこそ経営者に寄り添い、心の叫びを聞ける人が必要とされている。」多くの現場で中小企業の経営者を支援してきた小野さんから発せられる熱い言葉の数々は、参加者の胸を熱くし、講演後は会場が拍手に包まれました。

新規入会希望者へのご案内

中小企業政策研究会では引き続き新入会員を募集しております。中小企業政策研究会は試験に合格された方であれば、診断士登録をされていなくても入会できます。入会をご希望される方は定例会にご参加いただき、入会手続きを行ってください。皆様のご参加をお待ちしております。

2017年度03月定例会 活動報告

2017年3月度の定例会についてご報告致します。

3月度定例会は、中小企業政策研究会のビジネスモデルカフェの企画として、チーム代表を務める木下忠会員、日景聡会員、武井綾子会員による『診断士だからこそ今「デザイン思考」を!~新規ビジネス創出法お試しワーク~』と題して、講演を行っていただきました。講演後は臨時総会が開催され、以前に広報した議題についての説明と採択が行われました。

s_0002講演はロジカル・シンキングに代表される「仮説思考」と対をなす、「デザイン思考」を解説しつつ、デザイン思考の考え方に基づいたワークショップをビジネスモデルカフェに所属する会員のアドバイスを交えながら4、5人のグループで進めていきました。

「デザイン思考」について

講演の前半では、デザイン思考の成り立ちや考え方について、講義形式で説明がありました。

 

s_0048これまで、イノベーティブな製品・サービスは個の力によって生まれてきました。デザイン思考は、この個の力を分析することで、組織として同様な製品・サービスを生み出す力をつけることを目的としています。

講義では、アレックス・オスターワルダー 他(著)『ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書』(翔泳社, 2012)等を紹介しながら、わかりやすく説明が行われました。

 

s_0007

ワークショップ

講演の後半では、「混雑した電車でのベビーカー」をお題とし、「共感マップ」や「ビジネスモデルキャンバス」等のツールを駆使した、デザイン思考のワークショップを行いました。共感マップを活用することで、乗客とベビーカーの親子の視点に立ち、各々の課題を洗い出しました。2017年1、2月から入会した新入会員も多い定例会でしたが、笑い声も混じりながらのなごやかな雰囲気の中、活発な議論が交わされていました。

 

s_0029各チームの発表

各グループを代表する1名が、議論した内容を1分で簡潔にまとめて発表しました。短い時間ではありましたが、事業として実現可能性の高いアイデアがいくつも披露され、大いに盛り上がりました。また、どのグループのプレゼンテーションも、簡潔に要点を押さえたわかりやすいもので、プレゼンテーション後には皆から自然と拍手が起こりました。

 

 

s_0059臨時総会

講演後、臨時総会が開催されました。下記の2点の議題について沢田会員により説明と採決が行われました。

①中小企業政策研究会の東京都中小企は業診断協会城南支部からの脱会について。
中小企業政策研究会の分科会・研究会活動についても、それぞれを独立した研究会として登録要請や城南支部に所属する会員が7割を占めることなどの要件成立が困難であり、今後は任意の研究会として今までと変わりなく活動を継続していくことが説明されました。
②サポーターに対する慰労について
サポーターは今まで、ボランティアとして中小企業政策研究会の運営のサポートを実施し、貢献を提供してきていたが、3月定例会後に5万円を上限にサポーターの慰労に支出することについて説明されました。

採決の結果、両議題とも賛成多数であることが確認されました。

 

s_0071新サポーターの紹介と募集

今年度のサポーターのリーダーである松田真吾準会員により、新サポーターの紹介と募集が行われ、新しく2名の方がサポーターに参加することになりました。

尚、現在も、本会の運営を支えるサポーターを募集しております。サポーターに参加することで、中小企業診断士間の人脈形成等を行いやすくなります。ご希望の方は、次回、受付にてお申し出ください。

 

新規入会希望者へのご案内

中小企業政策研究会では引き続き新入会員を募集しております。中小企業政策研究会は試験に合格された方であれば、診断士登録をされていなくても入会できます。入会をご希望される方は定例会にご参加いただき、入会手続きを行ってください。皆様のご参加をお待ちしております。

2017年度02月定例会 活動報告

2017年2月度の定例会についてご報告致します。

2月度定例会は、中小企業政策研究会のPIT(実践IT研究会)の代表を務める村上知也会員の企画としてマイクロソフトオフィスのパワーポイントで書類の作成力アップと題して、講演を行っていただきました。中小企業診断士が使用する機会が多いものの個人の実力差が大きいパワーポイントのより良い使い方や表現の仕方について、100枚以上のスライドを使用して使用例や操作方法を実演しながら話は進み、パワーポイント術に関心を持つ70名近い会員が集まりました。

スクリーンショット 2017-03-08 8.17.54

 

 

 

 

 

 

 

講演は配布資料に記載された40項目のチェックリストに基づき進みました。前半はパワーポイント作成術で評判が高い村上会員が図形の書式設定、フォントの統一、色、数字や単位など30項目以上の点についてどのように注意・工夫しているか、村上会員の推薦書籍である森重湧太著『一生使える見やすい資料のデザイン入門』(インプレス,2016)と高橋佑磨・片山なつ著『伝わるデザインの基本 増補改訂版 よい資料を作るためのレイアウトのルール』(技術評論社,2016)の紹介、後半は村上会員自身が診断報告書、セミナー資料、プレゼン資料、チラシなどを用途別にどのように作成しているか実際のスライドを画面で見ながら話を伺いました。

 

スクリーンショット 2017-03-08 8.18.06

 

 

 

 

 

 

 

自由度の高いパワーポイント

 冒頭には、マイクロソフトオフィスのライセンス体系の説明、文章を書く枠が決まっているワードと自由に書けるパワーポイントの違い、パワーポイントがいかに進化してドロー系やイラスト系のデザインソフトのような使い方ができるのか説明がありました。PITの安藤会員がパワーポイントで描いた浮世絵師葛飾北斎の作品「赤富士」の模写が紹介された時には出席していた会員一同、完成度の高さに息をのみました。またその後もPITのホームページ(http://pit.bz/nigaoe/)にも掲載された高森会員による舛添要一氏のイラストの描き方や和集合の機能を使用してマップを作成する方法などが紹介され、パワーポイントの用途の広さや自由度の高さを実感しました。

 

パワーポイント作成時のコツ

 まずデザインは資料の用途に応じた使い分けが必要であるという作成にあたっての姿勢や、初期設定を変更して「マスタースライド」を活用することにより村上会員は「セミナー用」「診断書報告書用」「白紙」と3種類のテンプレートを保存している大枠の話がありました。その後、具体的なパワーポイントの操作方法やどうすれば見やすいのか見にくいのか、実際の画面を見ながら説明があり、パワーポイント初心者にもわかりやすく解説が進みました。

スクリーンショット 2017-03-08 8.18.17

 

 

 

 

 

 

 

チラシ作成など用途別のポイント

 後半では、村上会員がパワーポイントで作成したチラシ、診断報告書やセミナー資料を実際に画面で見せながら、それぞれの用途別にどのように工夫しているか紹介がありました。販促物が全くない企業に対してパワーポイントでチラシを作成する場合のテクニックについては、パワーポイントとプリンタの双方の設定により余白をなくすこと、デザイン性が高いフリーフォントでも商用使用可能なものがあること、必要な写真は購入すること、テンプレートサイトを活用することなどが紹介されました。診断報告書については、チラシと異なり落ち着いたトーンのデザインであるものの、視覚的にどのように報告内容をわかりやすく訴えているかが紹介されました。またセミナー資料作成においては、Kindleやマインドマップをいかに活用しているかが紹介され、資料作成にあたりセミナーコンテンツをどのように整理すれば良いのか大変参考となる内容でした。

2017年1月から入会した新入会員も多く参加した2月度の定例会は、村上会員の体験も交えながら進み、時折会場から笑い声が上がる盛り上がりを見せました。

中小企業政策研究会では引き続き新入会員を募集しております。中小企業政策研究会は試験に合格された方であれば、診断士登録をされていなくても入会できます。入会をご希望される方は定例会にご参加いただき、入会手続きを行ってください。皆様のご参加をお待ちしております。

2017年度01月定例会 活動報告

report20170122-02

2017年1月度の定例会についてご報告致します。

はじめに、岩本統括幹事より「受け取るだけでなく、自ら貢献する姿勢で参加してほしい。『貢献』意識のある方を歓迎する。みんなで診断士の質を高めていきたいと考えている。新入会員の皆さんに期待する。」との代表挨拶があり、続いて七田幹事より当研究会の理念や主な活動内容等について概要説明がありました。そして、計15チームが今年の活動方針や活動内容、求める人材像などについて発表を行いました。

 

 

■チーム紹介

① 岩本組(岩本会員)
『「CRC」事業再生・事業承継をわからずして診断士と名乗れるのか!相談された時にちゃんと対応できること。自分が答えられないなら、適切なネットワークを持っておくことが重要。「資格保持者」としての責任を果たす気持ち、社会に役立つよう頑張ってほしい』
岩本幹事実務案件が多数あり、優秀な人が多いとのこと。
3/18(土) 14:00~ 中央区で開催

② HRC(古山会員)
講師として必要なスキルを学ぶチーム。第二日曜日の午前中に実施。
2016年は「自分をプロデュースする」をテーマに実施した。2017年は「講師になる」というテーマに原点回帰する。外部の依頼を受けて講演を実施する計画もある。
2/12 西戸山生涯学習館 10:00~12:00

③ オアシス(三木会員)
澤田先生がリーダーのチーム。勉強会の活動がメインで、研修関連の活動が中心。5年以内に何らか貢献意思のある方、ボランティア精神のある方、歓迎です!

④ 企業内診断士の輪を広げる「楽しい」チーム(三木会員・中郡会員)
企業内診断士のためのチーム。各メンバーの活動を共有し、お互いに学び合う。例えば、気仙沼バル・執筆活動を頑張っているメンバーなどから話を聞くなど。
3/25(土) マスターコース徹底比較

⑤ 事業再生研究会(松本会員)
幅広いメンバーをカバーする内容。未経験の方には、基礎講座を午前中に実施(有料)
毎月第二土曜に実施。100%参加する意思のある方、実質75%以上参加できる方!会費は毎回1000円。廣田さんが設立しました。勉強になります!気楽に来てください。

⑥ 人事開発チーム(酒井会員)
独立・企業内を問わず人材開発について興味のある人で集まって、勉強会を実施する。
1~2ヶ月に1回程度実施、土日祝を中心に開催予定。兼務OK!

⑦ 事業承継研究会(染谷会員)
社会の公器たる診断士として。経営者の交代で失敗しないために、事業承継のノウハウは重要。「再生と承継は一体である」。やる気があれば経験がなくても大丈夫。

report20170122-01
⑧ チーム岩佐(岩佐会員)
定例会は飲み会である唯一のチーム。企業内診断士がほとんど。独立してプロコンになったメンバーも。簡易実務従事が中心、毎月第三木曜日に八重洲周辺の飲み屋で実施。「自分自身のFAIR VALUEを高めよう!」

⑨ 中小企業M&A研究会(飯野会員)
中小企業の自発的M&Aを”どんどん”増やすことを目的に立ち上げた新チーム。
M&Aとかお金周りに興味のある方、お気軽にご参加ください。

⑩ T3(井上龍会員)
外資系コンサルタントの井上さんを中心に、セミナーや勉強会を実施。社会科見学を実施したり、ファブカフェに訪問したり新しい・イノベーティブなものについて実際に足を運んで体験することを重視している。T3はお金が好きな人が多いので、今年からお金について学んだり、音楽が好きな方(ミッチーさん)が多いのでその活動を予定している。第二日曜の午後に実施する勉強会に70%以上の出席必須。
次回は2/12(日)13:30~15:00 試験では教えてくれなかった「プレゼンテーション入門」@勝どき

⑪ ビジネスモデルカフェ(木下会員)
ビジネスモデルに興味を持っている人が集まる、それぞれ興味のある分野が異なる中でゆるやかにつながるチームです。約40名の登録で、実質15名程度。今年はIoTとデザイン思考にフォーカスし、学びを深めて行く。リーダーが牽引するというより、ネットワーク型組織のチームです。

⑫ 独立診断士予備軍(長岡会員)
先輩診断士の方による講演や、メンバー同士の活動内容共有&フィードバック。実践が大切です!

⑬ PIT(萩原会員)
通常の定例会では、IT関連の勉強会&5分間共有を実施しています。また、共有するだけでなく、BLOGに公開してアフィリエイトを稼ぎ、それで1年に一度の飲み会の足しにします。他に、公的機関のWordPressセミナーや、電子書籍の出版など、いろんな活動をしています。懇親会は年に一回。毎月第一日曜の午前中に実施。午後を有効に使えます。2月のみ、2/4(土)に実施。

⑭ FAT(宇都会員)
税理士・会計士や金融機関に勤務する会員が多数。財務・会計・税務など金融知識をいかして中小企業を支援することを目指すチーム。昨年は、設備投資の経済性計算を例題で考えたり、限界利益・貢献利益による分析&FAT的提言を行うなどを実施したことをお話しいただきました。

⑮ 流星塾(遠藤会員)
「あんたに夢はあるか?」から始まるアツいプレゼンでした。ソーシャルビジネスや商店街の支援を中心に活動を行なっています。

1月度の定例会は新入・既存会員含め多数参加があり、各チームがPR活動を行う活気ある会となりました。中小企業政策研究会は、新入会員を大募集しております。
一緒に研究会を、そして日本の中小企業を盛り上げていきましょう!

report20170122-03report20170122-04

2016年度12月定例会 活動報告

2016年12月度の定例会についてご報告致します。

12月の定例会は、通常の企画発表を主体とした定例会とは異なり、「2次口述試験対策セミナー」を実施致しました。

この口述対策セミナーでは、2次筆記試験合格者を対象に、口述試験の概要説明・対策及び模擬面接を行いました。今回、第1部・第2部の2部制により、多くの受験生に出席を頂きました。

 

まず、水島会員よりセミナーの流れ、当研究政策研2016年12月定例会1会についての説明を行い、続いて長塚会員より口述試験の内容と当日の流れ、口述試験までの1週間の間に実施すべき対策について説明が行われました。

 

次に参加者を4人または3人の組に分けて、口述試験の模擬面接を行いました。昨年度の合格者である会員を中心に想定質問を作成し、面接官を担当しました。参加者は緊張している中、想定質問にしっかりと受け答えが出来ており、合格への意気込みを感じることができました。また、参加者自身も面接評価者となることで、客観的に面接での対応を振り返ることができたのではないかと思います。

模擬面接をうまく対応できた受験生はこの調子で頑張って頂き、準備不足だった受験生はしっかり対策して、中小企業診断士試験の完全合格を勝ち取ってきてほしいと思います。

政策研2016年7月定例会 22016政策研究会12月定例会3

 

 

 

 

 

 

今年度の2次口述試験対策セミナーも多くの受験生に参加頂き、会員の交流が活発に行われ、双方にとって充実した内容でありました。今回のセミナーに参加された受験生の皆様が無事試験に合格されることを政策研メンバー一同祈念しております。そして、来年は政策研で一緒に活動をしていきましょう!

 

2016年度11月定例会 活動報告

2016年11月度の定例会についてご報告致します。

11月度定例会は、中小企業政策研究会のビジネスモデルカフェの代表を務める木下忠会員の企画として、

『下町ロケットに学ぶ中小企業の知財経営戦略』

と題して、今さら聞けない知財の基礎的な知識から、中小企業経営の知財経営戦略に実際役立つような情報まで、池井戸潤原作の「下町ロケット」のエピソードに沿って講演を行っていただきました。

エピソード:競合大手メーカーから特許権侵害で訴えられる%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-15-19-03-21

多くの企業が競合他社に特許権侵害で訴えられる可能性があります。そして、従来の製造業とは異なり、IT・IOT(Internet of Things)・AIのような新しい分野では特許が成立しやすいため、訴訟リスクは高いと言えます。
そもそも、何を目的に企業が訴訟を起こすのか、意図を理解する必要があります。「訴訟による顧客離れ→資金繰り悪化→企業買収」が目的かもしれません。
技術開発や特許権を実施せずに、ライセンスや訴訟で稼ぐ「パテントトロール」とよばれる企業が存在しますので、それへの対応も必要です。

エピソード:研究開発の意義が社内外で理解されない

研究開発の意義は、経理担当者や銀行の融資担当には理解しにくいものです。実際、知財は無形固定資産なので、その価値は分かりにくく、そして特許を取っている中小企業は全体の13%にすぎません。
しかし、中小企業にとっての知財とは「うちに秘めた潜在能力」であり、それを特許という形で見える化、権利化することが重要です。実際、特許を取っている企業の方が収益性もたかく、顧客への価値提案の可能性も高まり、ステークホルダーや市場・チャネルへの訴求力もあると考えられます。

エピソード:何故、技術力の高い佃製作所が訴えられたのか?

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-15-20-03-44特許は、特許出願の記載内容がすべてです。技術が高いから特許が良いわけではありません。特許請求は技術を全て文字で表現しなければならず、範囲を明示するのは非常に難しく、実際の権利範囲は取得したい範囲よりも狭くなりがちです。結果、自社の改良特許を取ろうとしたとき、既にその領域は他社の特許が押さえているために、改良特許が取れない可能性があります。そうならないためには、「抽象度を上げて概念化して特許出願を記載し」、できるだけ権利取得範囲を広くとれる工夫が必要です。
実際ダイソーで発売された「ペットボトルの上に載せる新幹線型の鉛筆削り」と、「それよりも前に出願したであろう個人が取った鉛筆削りの特許」を比較してみて下さい。

エピソード:オリジナリティが重要なのか?

特許は紙に書かれていることが全てですから、そこに特許範囲が明記されていることが重要です。また、国ごとに特許は異なるため、権利は各国で申請する必要があります。特許侵害を防ぐためには、各国で同じように出願する必要があります。
また、他社の特許権を回避する方法として、「購入する」以外にも、「当該特許無効の申し立てをする」、「使用許諾を得る」、「クロスライセンスを結ぶ」、「先使用権を確保する」等が考えられます。

共同開発:大企業の心をつかむための秘策

共同開発は、大企業の心をつかむための秘策と言えます。しかし、自己実施しなければ、大企業に利用されるだけに留まる可能性が高いです。そうならないために、
 ・成果物は共有であることに留意し、実施しない場合のマネタイズ方法を検討する。
 ・大企業との交渉力は、共同開発前が、後に比べて高い傾向があるので、事前に検討する。
 ・知財の取扱いは事前に契約を結び、極力基本技術は自社で押さえる。
ことをお勧めします。

競合企業「この設計図のデータを預けてくれないか?」

知財は、特許としてだけでなく、ノウハウとして保護することも重要です。そのためにも、「秘密管理性」といった「不正競争防止法」の基本的な知識は理解しておくことが重要です。

また、知財権を活用したビジネスモデルとして、基本製品を低価格で販売し消耗品を特許権で抑える「プリンターモデル」、基本特許は自前、周辺は共同開発をおこない市場の普及を図る「オープンクローズ戦略」といったものが考えられます。


以上が、当日の木下忠会員のプレゼンテーション内容になります。

プレゼンテーションの途中では、ダイソーで発売された「ペットボトルの上に載せる新幹線型の鉛筆削り」と、「それよりも前に出願したであろう個人が取った鉛筆削りの特許」を比較し、「鉛筆削りの特許」の記載上の問題点を参加者でディスカッションしました。それにより、特許を記載する上での留意点をより深く理解することができました。
「下町ロケット」という身近な題材によって、今後中小企業を支援していく上で知財権は避けて通れない問題であること理解すると同時に、一次試験知識の重要性を改めて感じた一日でした。

以上

アーカイブ

カテゴリー

ページトップへ
Copyright © 2017 中小企業政策研究会 All Rights Reserved.