私達は企業の未来をアシストする中小企業診断士のプロ集団です。

2019年7月度定例会 活動報告

7月度定例会は、染谷会員の企画として『もっと聞きたい!事業承継入門講座・支援事例』と題し、中小企業診断士が最低限おさえておきたい事業承継支援の基礎と、染谷会員自身が携わった実際の支援事例についてご講演いただきました。 20190716-1

■事業承継支援の基礎

事業承継支援をとりまく環境として、中小企業経営者の高齢化、直近10年間の主要施策、事業承継税制を紹介いただきました。
また、事業承継が進まない理由として、

  • 事業者収入の低下(事業者対雇用者収入の比率は低下傾向にある)
  • 個人保証・担保提供している個人資産の引き継ぎ(負の遺産)
  • 債務超過企業の割合が高い

が挙げられ、リスクが大きい割にリターンが小さい経営に承継する魅力が感じられなくなっていることを説明いただきました。
このような状況ではあるものの、事業承継は企業にとって以下のような3つのチャンスであり、事業承継支援では組織作りの観点も重要とされました。

 1.経営意識変革のチャンス
 2.さらに利益を生み出せるチャンス
 3.経営体制再構築のチャンス

その他、「経営者保証に関するガイドライン」の概要として、一定の要件のもと経営者の個人保証をしないという選択ができるようになったことが肝であり、経営未経験の後継者が承継に伴う巨額の借入に不安を覚え、承継を躊躇することを和らげる効果が期待される旨を説明いただきました。
一般的に承継と聞くと資産の承継を想像する方が多いが、事業承継は、経営の承継、経営者の交代、資産の承継を含むより広い概念であることが示されました。
また、後継者に関する状況・問題点として、後継者が親族の場合は取引先や関係者の理解は得られやすい反面、適切な能力がない場合がある。逆に、親族以外の社内から後継者を選定する場合は後継者が事業内容を把握している反面、保証能力・資金力が不十分な場合がある。ということをお話しいただき、まだケースは少ないものの、M&Aのような第3者が承継することが以前よりは現実的な選択肢となっていることを紹介いただきました。
20190716-2

■事例紹介

後半は、染谷会員が実際に携わった6つの支援事例を取り上げ、各社の状況と問題点、それに対して採った具体的な提案や対応を紹介いただきました。その後、聴講されていた会員との間で以下のような質疑応答が交わされました。

 (質問)支援先の会社関係者の動きが鈍い場合に、提案スキームを動かすきっかけになるのは何か。
 (回答)株主や金融機関など、支援先にプレッシャーをかけられるステークホルダを巻き込んで、働きかけてもらうことが有効である。それができない場合には、泥臭く対応していくしかなく、会社がうまくいっていない原因に対して注力していくことになる。

 (質問)今回事例として取り上げられたのは、役員や家族の人間関係、人間性に難があるケースが多かった。事業承継支援はこじれた案件が多いと考えて良いか。
 (回答)こじれていない案件は承継の専門家でなくとも解決できるためかもしれないが、企業再建・承継コンサルタント協同組合経由で持ち込まれるものは、放置されて問題が熟成した、こじれた事案が多い。

 (質問)経営者からの信頼を失わないようにするために心がけていることはあるか。
 (回答)真摯に一生懸命行動することが重要である。

■最後に

最後に、事業承継支援には「向き合い」、「寄り添い」、「共に歩む」ことが必要である旨をお話しいただきました。支援企業の体制は十分ではないことが多いため、十分に向き合うことが重要であり、経営者は孤独であるため、寄り添うことが求められる。それらを通じて中小企業診断士は支援企業と共に歩む存在である。とのことでした。
20190715-3

以上

2019年6月度定例会 活動報告

2019年6月度の定例会についてご報告いたします。

6月度定例会は、前半に本年9月以降の定例会企画を決める選考会(コンペ)を実施しました。後半は平成31年度総会、沢田幹事による特別講演が行われました。

図1

■定例会企画選考会(コンペ)

コンペでは、事前のネット投票による1次選抜を通過した以下の15企画について、企画者よりプレゼンテーションが行われました。

  • No.1 HRCで取り扱った内容で人気があったコンテンツ3連発
        古山文義
  • No.2 遠〇先生から学んだ、講師の作法
        森琢也
  • No.3 ゼロ次産業プロジェクトの挑戦(山口県光市)
        木下忠
  • No.4 キャッシュレス決済、軽減税率対策補助金、軽減税率制度の相談実務
        山口達也
  • No.5 行動経済学を理解しビジネスに応用する
        沢田一茂
  • No.6 診断士が16ページ本を作って1000円で売るまで
        小田恭央
  • No.7 中小企業のIT支援について
        村上知也
  • No.8 中小企業の売上に「写真」はいかに貢献できるのか? 
        ~写真の有効活用により売上向上した事例を通じて~
        石田紀彦
  • No.9 「どうやってるの!?本業×家庭×診断士 三方良しの働き方改革」
        井上誠
  • No.10 カードゲームで学ぶSDGs ~中小企業の2030年を見通す~
        日景聡
  • No.11 『ビジネスに活かす芸術思考』
         ~アーティストが0から1を生み出す思考をヒントに新規事業を生む~
         中郡久雄
  • No.12 パワポやワードでチラシやらなんやらをさくっとつくるための「ずるい」デザイン講座
        赤田彩乃
  • No.13 ワークショップの真実(The Workshop and the Abstract Truth )
        中口宗紀
  • No.14 自分の中のアーティストを呼び起こす!『ビジョン思考』ワークショップ
         ~デザイン思考のその先へ~
         浅野俊太、土佐林義孝、地引智美、高橋信行、川原茂樹、増渕健二、木下忠
  • No.15 大半の中小企業の事業承継の第一歩は事業再生!
         ~必須知識として「特定調停」「事業再建ADR」を学ぶ~
        岩本亨

持ち時間である4分間を存分に使い、熱意のこもった素晴らしいプレゼンテーションが実施されました。終了後、本発表内容について、コンペ当日の参加者により投票が行われました。
集計は以下のルールに基づいて行われ、事前のネット投票とコンペ当日の投票を合算した点数で順位を競いました。

  • コンペ当日の投票:1位3点、2位2点、3位1点
  • 事前のネット投票:1位3点、2位2点、3位1点

集計の結果、順位は以下の通りとなりました。

1位から9位までの企画が、本年9月以降の定例会で発表される予定です。

  • 1位 中小企業の売上に「写真」はいかに貢献できるのか? 
        ~写真の有効活用により売上向上した事例を通じて~
        石田紀彦
  • 2位 大半の中小企業の事業承継の第一歩は事業再生!
        ~必須知識として「特定調停」「事業再建ADR」を学ぶ~
        岩本亨
  • 3位 自分の中のアーティストを呼び起こす!『ビジョン思考』ワークショップ
        ~デザイン思考のその先へ~
        浅野俊太、土佐林義孝、地引智美、高橋信行、川原茂樹、増渕健二、木下忠
  • 4位 パワポやワードでチラシやらなんやらをさくっとつくるための「ずるい」デザイン講座
        赤田彩乃
  • 5位 ワークショップの真実(The Workshop and the Abstract Truth )
        中口宗紀
  • 6位 『ビジネスに活かす芸術思考』
        ~アーティストが0から1を生み出す思考をヒントに新規事業を生む~
        中郡久雄
  • 7位 カードゲームで学ぶSDGs ~中小企業の2030年を見通す~
        日景聡
  • 8位  「どうやってるの!?本業×家庭×診断士 三方良しの働き方改革」
        井上誠
  • 9位 診断士が16ページ本を作って1000円で売るまで
        小田恭央

 

■年次総会

年次総会では、進行役である七田幹事より平成31年度総会開会の宣言、次に会計報告・幹事改選を議題とする旨の報告がなされました。
会計報告については、沢田幹事より収支報告書に基づき報告が行われ、審議では全会一致で可決されました。
また、七田幹事より会員状況(増減1名減)とチーム状況(新設1チーム/解散1チーム)について報告頂き、幹事改選の審議では17名の再任と1名の新任について可決されました。
さらに検討事項として、サポータ活動費の上限金額変更に関する議案が提出され可決されました。
確認事項の連絡、質疑応答の後、七田幹事よりの「中小企業診断士は一般の方と比べ、より高い倫理観に基づいたプロとしての行動が求められる」という士業倫理の重要性を再確認する講和で閉会しました。

■特別講演

沢田幹事による特別講演では、第一の習慣:「主体性を発揮する」を中心に『7つの習慣』の概要を紹介頂きました。

図2

 

■懇親会

定例会後の懇親会でも、コンペでの健闘を称えあったり、2次選抜での劇的な逆転の理由を考察したりと盛り上がりをみせていました。

2019年5月度定例会 活動報告

5月度定例会は、坂本会員の企画として「仕事が獲れる!!『セルフブランディング』の作り方」と題し、坂本会員自身が「薬剤師×フォトグラファー」としてブランド構築するために実施してきた取り組みを講演いただきました。 

初めに、「誰もいない森で木が倒れていたら音はするのでしょうか?」という問いを投げかけられました。この答えがセルフブランディングの答えであると述べられ、講演が始まりました 

20190514_01

 

フォトグラファーなったきっかけについて  

薬剤師であった坂本会員がフォトグラファーを始めたきっかけについてお話しいただきました。 

坂本会員は、趣味ダイビングを通じて出会った1枚のクジラの写真感銘を受けたことがきっかけ写真を始められました。当初は趣味として、風景などを撮影するだけでしたが、中小企業診断士の資格取得機に写真を作品として販売することにチャレンジされました。 

販売する中で、自身の作品は競争の激しいレッドオーシャンに位置することを知り、それでも自分の趣味を仕事に活かしたいと考えた結果、人物写真やビジネス写真を撮影することに取り組まれました。 

当時本業であった薬剤師の仕事は法規制等によりマーケティングをいづらい側面がありました。そのため、フォトグラファーという自身の副業についてはマーケティングをしっかり実践したいという思いを持ち、セルフブランディングに取り組まれました。  

仕事を獲得した流れについて 

次に、坂本会員が仕事を獲得した流れについて、マーケティングの「4P」のフレームワークを元にお話しいただきました。 

①Product 

まずは実績作りを行うために、薬剤師という特性を活かして調剤薬局やクリニックに営業をかけていきました。HPによる集客効果が大きいとは言えない業種のため、当初は顧客獲得に苦労されましたが、Webで根気よく発信し続けた結果、仕事を受託するようになりました。受託した仕事を、薬剤師で培ったコミュニケーションスキルと業界知識を活かし一つ一つ丁寧に取り組んだ結果、紹介などにより仕事がつながっていきました 

顧客目線を大事にクライアントファーストで対応するという軸をブラさないことで、仕事を広げることができたとお話いただきました  

②Promotion 

名刺交換Facebook→ブログの流れでプロモーションしたことをご紹介いただきました 

名刺交換 

名刺交換を顧客接点の入り口と踏まえ、名刺は写真とデザインのクオリティにこだわりました。名刺には、自身の何を知ってもらいたいかを明記するようにされました。「中小企業診断士」「フォトグラファー」「薬剤師」の三本柱の肩書きを明記することで、印象に残る名刺を作成されました。 

また、名刺交換の際に印象良く覚えてもらうコツとして、簡潔で明確な自己紹介や、相手の名刺を裏までよく見て質問することが大切だとお話しいただきました。 

Facebook 

プロフィール写真を自身だとわかる写真にしておくことや、更新を継続することが大切だとお話しいただきました。日本で1番高い山を知っていても、2番目、3番目の山はほとんどの人が知らないように、1番になるものがないと印象に残らないとお話いただきました。 

ブログ 

更新頻度を高くし継続することが大切だとお話しされました。情報へのアンテナを高くネタ集めを行うとともに、ターゲットであるサラリーマンが気軽に読めるよう1000文字程度でポイントを絞って書くように心掛けられました。また、読みやすく、個性を出すための見出しや構成の工夫についてもお話しされました。  

Price Place 

儲けることよりも幅広い人つながることを重視し、相場より安い値段設定にされたとお話しされました。 

インターネットを中心にプロモーションされていたためインターネット上では意識的に良い人脈を広げることが大切とご紹介いただきましたまた、仕事を紹介することで良い人脈を広げることも必要であるとご紹介いただきました。

20190514_02

20190514_03

さいごに 

「誰もいない森で木が倒れていたら音はするのでしょうか?」という問いに対して、答えは「音はしない」であると坂本会員は話されました。 

音を受け取る人』つまりは、『自分を知るがいなければ音は届かないどんなに良いものを作っても、誰かに届ける術がなければ意味がない。そのため、自分を知ってもらうこと、知ってもらうために継続して発信することが大切であり、継続するためにはその取り組みを楽しんで実施することが重要である最後にお話しいただきました。 

現在は研修講師として活躍されフォトグラファーのお仕事はお休みされていますが、研修講師の仕事も自身の旗を掲げることが大切であり、セルフブランディングの考え方は今でも非常に役立っているとのことでした。 

20190514_04

2019年4月度定例会 活動報告

2019年4月度定例会 活動報告

4月度定例会は、岩本会員の企画として『日本の事業承継の生々しい現状を知る~平成30年度事業承継税制改正による変化は如何に?~』と題し、CRC企業再建・承継コンサルタント協同組合 理事/公認会計士・税理士の春田泰徳様にご講演いただきました。

今回の講演では、平成30年度の改正で大きく変わった事業承継税制の概要と留意点について、ご紹介いただきました。

20190416_01

 

■平成30年度の法改正で創設された事業税制承継の特例措置について

初めに、平成30年度の法改正で創設された事業承継税制の特例措置についてご説明いただきました。 事業承継税制は平成21年度に経営承継円滑化法の枠組みの中で整備され、後継者が非上場会社の株式等を相続または贈与により取得した場合に相続税・贈与税の納税が猶予される制度であり、中小企業の事業承継を円滑にすることで、地域の雇用が確保されることなどを目的としていました。しかし、十分に活用されていないことから、平成30年度に事業承継税制の特例措置が創設されました。これまでの制度(一般措置)に並行する措置として制度化され、業界内でも『大盤振る舞い』な改正として、驚きを持って迎えられました。

今回の講演では特例措置について、

  • 10年以内(2027年12月31日まで)に実際に承継を行うものを対象とする
  • 都道府県に事前に特例承継計画の提出が必要(2023年3月31日まで)
  • 対象株式数の上限が撤廃され、相続税の納税猶予額が100%に拡大
  • 税制適用後の打ち切りリスクが低減されたこと

などの具体的な内容をご紹介いただきました。 制度の拡充前は年間400件程度の申請でしたが、制度拡充後の申請件数は年間6,000件に迫る勢いで増加しており、今後も高い水準で制度の活用が進むと見込まれています。

 

■特別措置の留意点について

次に、非常に使いやすいといわれる特例措置について、留意点をご紹介いただきました。

この制度では、事業承継に伴う贈与税・相続税が単純に免除されるのではなく、実際は後継者の納税が猶予されます。株式等の贈与時に本税制を受けた場合であっても、相続時の相続税算定額には、納税猶予を受けた株式等の価値も「みなし相続財産」として算入されるため、後継者以外の相続人の相続額に影響を及ぼすこととなります。また、親族外継承する場合では、相続申告時に親族外承継者も加わることとなり、手続き上の問題が生じうるそうです。その他にも、適用要件を満たさなくなった場合などに適用が取り消される可能性があり注意が必要となります。例えば、本制度適用中は毎年、継続届出書等の提出が必要であることや、資本金・準備金の維持などをご紹介いただきました。本制度を活用する際には、適用要件に該当しているのかを継続的にモニタリングし、手続きの管理体制を整備することが必要になり、大きな注意点になります。

20190416_02 20190416_03

■さいごに

最後に春田先生は、本税制を使用するメリットがあるのは株式の総評価額がある程度高く後継者も決まっている会社であるとしたうえで、こういった会社はその時点で事業承継はほぼ成功していると言える一方、本当に事業承継が進んでいないのは、後継者がいない、事業価値が棄損している会社であると問題提起されました。 また、「期限のある制度であることから、事業承継の可能性のある会社は特例承継計画を提出する方が良いと言えます。制度を最終的に活用しない可能性があっても、計画を出すだけで、後継者探しの後押しになります。」とご紹介いただきました。

20190416_04 20190416_05

2019年3月度定例会 活動報告

2019年3月度定例会 活動報告

 

3月度定例会は、仲田会員の企画として、診断士は本当にAIに代替されないのか!?「LINEで起業相談!!起業ライダー マモル」の開発のお話が行われました。

 

■本企画の経緯

冒頭に仲田会員より。今回のお話にいたる経緯についてお話頂きました。

 20190312-1

人工知能やロボットで代替可能になる日本の労働人口の割合は49%。士業については、80~90%も代替されるとのデータもあるとのことでした。特に「創造的思考」、「ソーシャルインテリジェンス」、「非定型的業務」の3点は代替されにくく、診断士の代替率は0.2%と言われているそうですが、仲田会員は「本当に診断士は代替されないのか?」と現場のコンサルティング業務に従事する中で疑問に思ったことが、本企画のきっかけになったとのお話を頂きました。

マモルは診断士にとって敵なのか、味方なのか!中小機構の真の目的は?ぜひ今後のAIと診断士について考えるきっかけにしてほしい、ということで今回の発表が始まりました。

 

■「起業ライダー マモル」とは

ここからは、中小機構の前田様による起業ライダーマモルの現状と開発の裏側のお話を頂きました。

20190312-2 

起業ライダーマモルはLINEによるAIチャットボットで、現在は9,100人の友達がおり、毎日5~10人ペースで友達が増えているとのことでした。開発のきっかけは、中小企業の経営支援ニーズは増えているが、職員の数が足りていない中で、経営支援にAIを利用できないかという議論が機構内ではじまったことでした。様々なアイデアがある中、4年目の職員が発案した、充実しているが読まれていないJ-Net21起業サイトのコンテンツを活用し、当時流行りのAIチャットボットを組み合わせた企画を採用されたそうです。

20~30代の起業準備者をターゲット、起業の実務情報をLINEを使っていつでもどこでも相談できるをコンセプトに開発が開始されたのでした。

 

実際にプロジェクトを開始すると、既存のコンテンツをそのまま利用することは当時の技術では難しいという問題が発生しました。データをすべてFAQの形でインプットする必要があり、膨大で地道な作業が必要であったとのことでした。専門的な回答も必要であったことから、8名の診断士の協力を得て、ベンダーを決め、約半年後にはプロトタイプによるスモールスタートが始まりました。

 

■診断士VSマモル

マモルの強みと弱みを説明するために、起業相談3本勝負として3つの質問について、会場の診断士の回答とマモルの回答を比較する実演がありました。

実演を通じて、マモルの弱みとしては、1.用意したとおりにしか回答できない、2.前の会話を覚えていられない、3.長文や複雑な質問は苦手、その一方でマモルの強みは、1.定型的な質問であれば、最適な回答ができる、2.膨大に覚えることができる、3.文句を言わずに24時間365日働く、ということでした。そのため、診断士とマモルは相対するのではなく、共存できるのでは、というお考えを頂きました。

 

■グループワーク

ここからはグループワークで、マモル2.0を開発するとしたら何をやってもらいたいか?についての意見交換を行いました。

20190312-3 

会場からも、事業の成功確率を提示するのはどうか? 質問して伴走するようなコーチングはどうか? 質問チャートでやりたいことを明確にするような機能は? ただ愚痴を聞いてくれる機能は? 女性版や方言版なども面白いのではないか? 会話のやり取りのログを専門家へトスアップするような機能はどうか? など活発な意見が出てきました。

 

■最後に

最後に、締めの言葉として、前田様から、AIチャットボット→有人チャットボット→窓口相談・セミナーという診断のスキームが将来出来上がるとよいと考えていることや、人の気持ちに寄り添う診断士であることで、AIとの共存をしていきたいという決意を伺い、会場は大きな拍手に包まれ終了いたしました。

2019年2月度定例会 活動報告

2019年2月度定例会 活動報告

 

2月度定例会は、FATと中小企業M&A研究会の合同企画として「プロジェクトF ~創業者の想い、M&Aに挑んだ診断士たち~」と題して、中小企業M&Aの理解を深める講義とグループワークが行われました。

 

■中小企業のM&A

冒頭で、FATの宇都会員より、今回の合同企画の経緯、企画の目的、本日の流れについてお話いただきました。

図1

その後、中小企業M&A研究会の飯野会員より、中小企業のM&Aのニーズや実態、押さえるべきポイントについてご説明いただきました。

中小企業を取り巻く環境として、後継者不在に悩む中小企業が増えており、国や自治体などがM&Aを促していること、また、スタートアップ企業を主なターゲットに新事業や研究開発力向上を目的としたM&Aが増えている状況があり、診断士としても中小企業のM&Aの実態やポイントを押さえておく必要があるということでした。

中小企業のM&Aの実態として、オーナー以外に経営状態・財務を把握している「番頭」を押さえる必要があること、信頼関係の構築や誠実な情報開示などが成功するM&Aのポイントであると述べられました。

図2

■FAT印刷を舞台としたM&Aのグループワーク

続いて、宇都会員より、グループワークの事例について説明がありました。過去の定例会で数回登場し幾多の難局を乗り越えてきた「FAT印刷」。同人誌印刷にも進出し、業容が拡大基調のFAT印刷に対し、首都圏エリアへの進出を目論む関西のM印刷から買収意向が示されたという設定です。

今回のグループワークは、秘密保持契約締結後の「意向表明書を提示」する段階の想定であり、意向表明書には、今後の正式交渉のベースとなる希望買収価格、買収の諸条件を記載し提示するものであると、飯野会員からM&A実務の流れの紹介とあわせて説明をいただきました。

 

グループワークでは、FATとM&A研究会の会員が、各グループにファシリテーターとして付き、FAT印刷の番頭である殿山経理部長役になりました。グループメンバーは買手のM印刷の立場で、配付されたFAT印刷の直近のBS、PL、今後の収支計画を確認し、FAT印刷の企業価値算定をおこなうために必要なヒアリングを、殿山経理部長に行いました。

図3

グループメンバーは、簿価純資産価額と時価純資産価額、営業権(のれん)など、飯野会員からの補足説明も参考にしながら、回収が懸念されるため評価減すべき項目やプラス評価すべき項目を洗い出し、殿山経理部長に質問を繰り返していました。はじめは何をどう質問したらよいか悩みつつ、殿山経理部長への質問を重ねるごとに、勘所を押さえてヒアリングを重ねるグループもあれば、突っ込みが鋭く、企画側が想定していたポイントをことごとく指摘してヒアリングしたグループなど、さまざまでした。

 

ヒアリング後、時価純資産価額の評価と、今後の事業展開見通しを3パターンでシミュレーションしたDCF法の価格を勘案して、FAT印刷に提示する希望買収価格をグループメンバー内で決定し、各グループが順に意向表明書を殿山経理部長に提示しました。

FAT印刷が想定していた買収価格より低い額が提示され、殿山経理部長が「この話はなかったことに・・」と退席したところが2グループありましたが、大半は交渉継続となりました。1億円以上の買収価格提示により殿山経理部長が歓喜の握手をしたグループが1グループでたときは、会場は拍手で盛り上がりました。

グループワーク後、FAT及び中小企業M&A研究会が想定していた解答例が示され、時価純資産法で評価減すべき要素、営業権の評価について解説いただきました。短時間のグループワークでしたが、買手と売手の相対で価格が決まっていく過程を体験できた時間となりました。

 

■最後に

飯野会員より、中小企業のM&Aを成功させるポイントとして、

-都合が悪いことも前倒しで伝えるなど、常に誠実であることが重要

-オーナーにとっては人生の一大決断であるため、経営者の気持ちを忖度した親身の助言を心がける

-価格には正解はない。過剰な経費の計上、簿外債務などの確認をしっかり行い、正常な利益水準の見極め、バランスシートの適切な評価し直しが重要

など、診断士としてM&Aに関与する際に留意すべき点をお話いただきました。

図4

価格の折り合いがついても買手が買収資金の調達ができないケースもあるなど、基本合意後のアクシデントなど、実体験からのお話も聞くことができ、また、希望買収価格を算出する疑似体験のグループワークを通じて中小企業のM&Aの一端を感じ、理解を深めることができた定例会となりました。 

図5

2019年1月度定例会 活動報告

2019年1月度の定例会についてご報告致します。

はじめに、岩本統括幹事より「診断士は中小企業を支援する義務がある。待っていては何も生まれない、自ら積極的に活動して欲しい」との代表挨拶がありました。
続いて七田幹事より、当研究会の理念や主な活動内容等について概要説明が行われました。会員募集にあたっては、中小企業診断士試験の合格が必要であること、入会の募集期限が5月までであること、入会時に会則と個人情報保護方針を承諾する必要があること、1年ごとに更新する必要があること、について十分ご留意のうえ入会をいただきたい旨の説明がありました。
その後、以下の計12チームより、今年の活動方針や活動内容、求める人材像などについて説明を行いました。

■チーム紹介

① FAT(宇都会員)

税理士・会計士や金融機関勤務など多彩な会員がおり、定型的な経営分析にとどまらず、チームメンバーが有する財務・会計・税務等の専門知識を融合し高いレベルでの分析力、提言力を培い、中小企業発展への貢献を目指すチームです。原則、毎月第2水曜日に活動しています。次月の政策研定例会でのM&A研究会とのコラボ企画発表もご期待ください。
チームFAT発表

②HRC(古山会員)

講師を目指す人の集団です。主な活動としては、①研修企画・構成(コンテンツ)、②伝え方(話し方、ボイストレ等)、③売り方(プロフィール・チラシ等)を行っています。2019年は「内面強化」をテーマに講義型・発表型だけでなく「実践してみる」「今後使えるコンテンツを作る」試みを多数予定しています。原則、毎月第2日曜日の午前中に活動しています。
チームHRC発表

③ PIT:実践IT研究会(平鹿会員)

ITに特化した研究会で、実践的なアウトプットを重視しています。ITの最新動向などの共有、プレゼンテーショ、ブログでの発信、セミナーの実践などの活動を行っています。また、昨年はサイボウズ社オフィス見学などのイベントも行いました。定例会は毎月第1日曜日の午前中に実施、懇親会は年に一回だけ開催しています。当日の午後を有効に使えることもメリットです。
チームPIT発表

④ 岩本組(岩本会員)

診断士になったからには責任がある。事業再生・事業承継をわからずして中小企業の経営顧問ができるか!?切磋琢磨する機会を作りたい、という熱い思いを持って活動をしています。組の掟は、挨拶を心がけること、相手を褒めること、約束(納期)を守ることです。奇数月の第3土曜日に定例会を実施しています。
チーム岩本組発表

⑤オアシス(三木会員)

沢田先生がリーダーのチームです。主な活動は勉強会と簡易診断で、実務ポイントも獲得できます。勉強会の講師や副業、人生を豊かにさせるためのマネーの知識の拡充に興味のある方、歓迎です。原則、毎月1回、土曜日か日曜日に勉強会を実施しています。
チームオアシス発表

⑥企業内診断士の輪を広げる「楽しい」チーム(三木会員)

企業内診断士のためのチームです。お互いに学び合うことを目的に、定例会を月1回平日夜に実施しています。定例会では、5分間スピーチや各メンバーの業界研究のプレゼン、ゲスト講義、チームブログなどを実施しています。また、年に1回「マスターコース入門&徹底比較セミナー」も行っています。

⑦事業再生研究会(大塚会員)

中小企業の再生支援のため、事業再生について広く深く研究をしております。事業再生の入門者からプロまで、様々なメンバーが在籍しております。診断士以外にも、弁護士・会計士・税理士など士業の枠を超えた会員構成であることが特徴です。毎月第2土曜日に定例会を実施しています。
チーム事業再生発表

⑧事業承継研究会(染谷会員)

企業の事業継続を考えた際、一番のリスクとされるのが、経営者の交代、つまり事業承継です。経営破綻に陥った企業の窮境原因の多くが事業承継に起因するものだとも言われています。我々中小企業診断士にとって、事業の再生と承継に関する正しい知識を身に着け、実践していくことは、責務であると考えます。やる気があれば経験不問。定例会は、偶数月の第2又は第3土曜日に実施しています。
チーム事業再生発表

⑨ 趣味実践活用会(海野会員)

今年あらたに発足するチームで、新規のメンバー募集です。「好きこそものの上手なれ」をモットーに、自分の趣味を副業や診断士活動に活用いていくことを目的としています。メンバーの趣味の体験、講習・セミナーの実施、趣味活動のPDCAの共有などを予定しています。月1回程度、曜日や週は今後検討予定です。
チーム趣味実践発表

⑩ チーム岩佐(岩佐会員)

会員は企業内診断士中心で、所属業界は多様な人財構成です。活動内容は月例会として毎月第3木曜日にメンバー持ち回りの勉強会を実施しています。加えて、メンバー持ち込み形式の簡易実務従事を年に2~3回行っています。チームの目的は、企業の経営改善に貢献するとともに、企業内診断士としてコンサルティングのスキルを維持し、充実感を提供することです。
チーム岩佐発表

⑪ 中小企業M&A研究会(飯野会員)

中小企業の自発的M&Aを“どんどん”ふやすことを目的としたチームです。M&Aの現場で中小企業診断士は、M&Aアドバイザーやコンサルタントとして活躍することができます。チームの方針は、本気志向、実務志向、秘密主義として活動しています。定例会は、毎月一回、第4土曜日の午前中をメインに平日夜間の開催も予定しています。
チームM&A発表

⑫ ビジネスモデルカフェ(木下会員)

我々のチームはネットワーク型組織による価値の共創により、各自の専門性だけではなかなか届かないクリエイティブ領域のコンサルティングをめざしています。月一回の定例会以外にも様々なプロジェクト活動(読書会、ビジコン出場、デザイン思考フィールドワーク、各種セミナーなど)があり政策研で最も活発なチームの1つです。今年度は読書会/セミナーを主催するweworkの拠点を通じてさらに活動の場を広げていきたいと考えています。
チーム ビジネスモデルカフェ 発表

最後に、2018年度の政策研運営サポーターのリーダーである海野会員より、新年度の運営サポーター募集の案内がありました。運営サポーターとは、政策研の定例会・その他イベントを企画・準備を行う政策研運営の実動チームです。主に診断士一年目会員や新入会員で構成され、診断士の最初の1歩を踏み出す際に心強い「横の強めの繋がり」ができることがメリットとして紹介されました。

1月度の定例会は新入・既存会員含め多数参加があり、各チームがPR活動を行う活気ある会となりました。中小企業政策研究会は、新入会員を大募集しております。あわせて、新年度の運営サポーターも引き続き大・大募集しております。一緒に研究会を、そして日本の中小企業を盛り上げていきましょう!

2018年11月度定例会 活動報告


11月度定例会は、増渕健二会員、日景聡会員、木下忠会員、及びビジネスモデルカフェメンバーの企画として『美意識を高めるデザイン思考ワークショップ(プロトタイピング編)』と題し、講演とワークショップのファシリテーションを行っていただきました。

 

IMG_0574

 

■デザイン思考概論 増渕健二会員

 まずは増渕健二会員から、近年のバズワードである「デザイン思考」についてのご説明をいただきました。

 デザイン思考の定義は様々存在するものの、「デザイナー的思考×ビジネスプロセス(課題解決プロセス)」であると定義されました。特に「デザイナー思考」とは、ユーザ視点からスタートし、観察などの定性的分析と直感的で斬新なアイデアを重視し、実験的に試行錯誤を繰り返すことであるとご説明いただきました。

 またデザイン思考が近年求められている背景として、VUCA時代(移り変わりが早く読めない時代)がきており、論理思考の限界がくる中、クリエイティブ思考が重要視されているとのことで、これは工業化時代に作られた論理思考と脱工業化時代のデザイン思考を対比する考え方であることも述べられました。

 さらに、デザイン思考の手法として、スタンフォード大学 d-schoolの5ステップをご説明頂きました。特に簡単な試作品を短時間で作ることで、アイデアの有用性を素早く検証する「Start small , fail fast」の考え方が大切であることを述べられました。一方で、デザイン思考の考え方は理解しにくいため、体感をしないとなかなか理解することは難しいとのお話もいただきました。

  デザイン思考の活用場面については、使える場面と使えない場面を比較しご説明いただきました。具体的に中小企業診断士として活用する場面として、クライアント観点では「起業家予備軍やチャレンジ精神が旺盛な中小企業」、コンサルティング領域観点では「新規事業開発や新商品開発」のような正解がない領域、課題把握や解決策が思い浮かびにくい場面に活用できるとお話いただきました。

 

■デザイン思考のワークショップ  増渕健二会員

 続いて、増渕健二会員のファシリテーションの元、参加者全員を班分けし、ワークショップを行いました。テーマは、「自動車会社の新規事業開発を任されたチームの社員として、新しい旅の体験を提供する商品やサービスの立案」です。

 各グループで個々人の体験を書き出した後、グループでディスカッションを行い、気づきをブレストで洗い出しながら、ユーザやニーズの仮説を立案していきました。その仮説を活発な議論を行いながら折り紙やシール・モールなどを活用し、プロトタイプを作成し、グループ間での発表とフィードバックを行いました。

 

IMG_0591

 

 最後に、増渕健二会員より「プロトタイプはフィードバックを通し何度も繰り返すことで商品やサービスの質が上がっていくこと」、「論理思考からデザイン思考に近づくには練習と実践が重要であること」、「中小企業診断士にとってデザイン思考が新たな武器になり得ること」を述べていただき、会場は大きな拍手に包まれ終了致しました。

 

 

 

 

2018年10月度定例会 活動報告

2018年10月度定例会 活動報告

 

10月度定例会は、中口宗紀会員の企画として『人工弁から見た心臓外科50年の進歩と病院経営』と題し、中口宗紀会員に加えて、外部講師として中澤達様と、オメガさと子様、小河知夏様に講演を行っていただきました。

 10月度定例会では、中口会員のご提案による新たな試みとして、sli.doを活用して参加者からの質問をリアルタイムに画面上に映し出すというスタイルがとられました。

20181016_01

■2度の心臓手術を経て得た知見と診断士と医療の関わり方 中口宗紀会員

 まずは中口宗紀会員から、幼少期と昨年の2回に渡る心臓手術の経験をご紹介いただき、近年の企業の健康経営に対する取組や心臓外科医療の最新事情、医療機器産業に対する政府のものづくり支援に関する補助施策をご説明いただきました。

 中口会員は幼少期に先天性の心臓心室中隔欠損症により外科手術を受け、昨年9月にバルサブラ洞動脈瘤という珍しい症例で2度目の手術を受けました。

 講演ではご自身の経験を生々しくお話しいただき、かかりつけ医の大切さ等をご教示いただきました。また、中口会員は、事業承継のリスクには経営者の突然の病があるとの考えから、健康経営アドバイザー初級の資格を取得しており、健康診断結果を基にした健康状態の簡単な判断方法をご紹介いただきました。

 さらに、病院経営について、診療報酬の実態や、消費税増税、PX(患者経験価値)向上の将来課題についてお話しいただきました。医療機器産業は、政府の成長戦略に位置付けられる一方、世界的に日本は下位に位置します。各種の医療機器開発の公的支援制度に診断士が積極的に関わることで競争力の強化に貢献できる可能性があるとのことです。

 

■オメガ3オイルの効用 オメガさと子様

 次に、外部講師のオメガさと子様から料理研究家として推奨する「オメガ3」オイルについての効用をご説明頂きました。オメガ様は20年の看護師歴を持ち、内7年を血管カテーテル医療に従事しました。血管疾患看護やご家族の介護の経験から、身体を作る食の重要性を世に広めたいとの想いからオメガ3オイルの普及活動に注力しています。オメガ3は主に魚の油(DHA・EPA)、エゴマ油などから摂取できる脂肪酸であり、心疾患を防ぎ、心身の健康や若さを保つ効果があります。最近ではGoogle等の健康経営を取り入れる企業で注目されています。

 講演中、オメガ3オイルをヨーグルトに入れた試食が行われ、sli.doを活用した質疑応答では、興味を持った多くの参加者から摂取の頻度や量、調理方法等についての質問が行われました。

20181016_02

 

医療機器業界の概要とワークショップ  中澤達様

 最後に、東京都健康長寿医療センター「血管外科部長」、北里大学大学院医療マネジメント教授、東京大学医学部非常勤講師を務めている中澤先生に登壇いただきました。先生は外科医として臨床の現場に立つ傍ら、ハーバードビジネススクール医療経営学を修了し、大学で経営学の研究と講義を担当されています。また、グロービス経営大学院客員准教授としてクリティカル・シンキング講座の講師もされています。医師と経営学は一見異なる分野に見えますが、PDCAを回すという点で同じベクトルを有するパラレルキャリアだとおっしゃいます。

 始めに医療と経営の専門家の観点から、医療制度の問題点や医療機器マーケットの特徴を解説いただき、医療機器特有の低いローンチ率や海外企業と日本のグローバル戦略の違いを多面的な観点からご説明いただきました。

 

20181016_03

 

 その後、参加者全員を班分けし、グループディスカッションを行いました。外部からご厚意でご参加いただきました小河知夏様に題材を朗読いただき、臨場感溢れる雰囲気の中、小さな町工場が最先端医療の分野に進出すべきか否かを議論しました。時間がなく短いセッションでしたが、各テーブルでは活発な議論が行われ、中澤様のコメントと合わせて新たな視点を得ることが出来ました。

20181016_04

 

 複数の外部講師のご参加や試食提供、sli.doを活用した質疑応答、ナレーションによる朗読&グループディスカッションなど、これまでにない斬新な取組みに参加者一同が感銘を受け、終了後、会場は大きな拍手に包まれました。

 

2018年9月度定例会 活動報告

2018年9月度定例会 活動報告

 

9月度定例会は、山口達也会員の企画として『小規模事業者持続化補助金、ものづくり補助金、IT導入補助金のポイントと支援』と題し、山口達也会員と、甲田輝彦会員に講演を行っていただきました。

1

 

■3つの補助金の概要、採択状況 山口達也会員

 まずは山口達也会員から、小規模事業者持続化補助金、ものづくり補助金、IT導入補助金、の3つの補助金について、概要と採択の状況についてのご説明をいただきました。

 山口達也会員が独自にまとめられた調査データを基に、近年の採択率・採択件数の増減傾向についてご紹介いただきました。また、補助金の予算額は補正予算であるものの近年増加傾向であることから、今後、中小企業診断士として相談されるケースが増加するだろう、とのことでした。

さらに、小規模事業者持続化補助金、ものづくり補助金、IT導入補助金それぞれの、補助対象となる経費の説明や、申請にあたっての関係機関、診断士がビジネスとして支援する際の関わり方、申請の難易度を分かりやすくご説明いただき、補助金を申請したことのない多くの参加者は、各補助金のおおまかな概要を知ることができました。

2

 

■補助金支援の経験談 甲田輝彦会員

 次に、甲田輝彦会員から補助金支援の経験についてお話を頂きました。甲田会員は、補助金申請の支援は診断士のひとつの重要な業務である、また、中小企業の社長と経営診断・助言をしていくための「きっかけ」になることも多いと考え、この1年間積極的に取り組んできたのだそうです。

 おおまかな申請までの段取りをご説明いただいた後、実際に作成していく上で気を付けている点や実際に作成する資料のボリューム感について、写真や記入例をまじえながら分かりやすく解説いただきました。 

 具体的に、審査項目をヌケモレなく盛り込む方法、重点的にヒアリングする項目、加点のために取り組むべきことなど、実務を経験してこそのノウハウを惜しげもなく共有されたことで、申請実務の未経験者が多い会場からは、うなり声もあがっていました。

3

 

別の補助金の審査員経験から語る採択される書き方と考え方  山口達也会員

 最後は、再び山口会員のお話です。今回のテーマとは別の補助金での審査員のご経験から、採択されやすい書き方や考え方について解説をいただきました。

 補助金を審査する際の採点項目を推測する方法や、文章を書く上で何を盛り込むのか、丁寧に書くべきことは何かについて、テクニック面での話を審査の実態や裏話などを交えながらされた後、最後に、特に重要なこととして、社長の熱意や現場の生の声を聞くことの大切さを、力を込めて訴えられたことで、会場も中小企業診断士としての魂を揺さぶられ、大きな拍手につつまれながら講演は終了しました。

4

アーカイブ

カテゴリー

ページトップへ
Copyright © 2019 中小企業政策研究会 All Rights Reserved.