私達は企業の未来をアシストする中小企業診断士のプロ集団です。

開催案内:2020年11月度定例会

政策研11月度定例会を下記の通り開催致しますので、ご案内致します。新型コロナウィルスの感染が継続している状況を踏まえ、今回もオンラインにより開催致します。

<2020年11月度定例会詳細>

■定例会

【日 時】 2020年11月17日(火) 19:00-21:00(18:50開場)

【場 所】 ZOOMによるオンライン開催(接続先は、参加予定の方に別途ご連絡します)

【テーマ】 『累計申込者数800名超 ずるいデザイン講座』

【講 師】 赤田彩乃会員

【内 容】 学校教育で、図工や美術の授業はあっても、それは「芸術」に寄っており、「デザイン」を学ぶ機会は、その道に進まない限りほぼありません。

診断士のアウトプットは基本的には「書面」です。

もちろん中身が最重要ですが、実際にはクライアントは中身を理解する前に、まず「見た目」で、アウトプットに対し好印象・悪印象を持ちます。

今回は、デザイナーではない赤田会員より、前職で学んだノウハウをもとに、明日から使える「ずるいデザイン」を伝授頂きます。

 

■懇親会

終了後にオンライン懇親会の開催を検討しています。開催方法は参加予定の方に別途ご連絡します。

 

■新規入会希望者の見学および入会手続き

新規入会希望者の見学および入会手続きを受け付けております。政策研に興味のある方がいらっしゃいましたら、下記問い合わせまでご連絡ください。
※定例会の見学参加費は無料です。

サポーターML:sp-seisakuken2020@googlegroups.com

開催案内:2020年10月度定例会

政策研10月度定例会を下記の通り開催致しますので、ご案内致します。新型コロナウィルスの感染が継続している状況を踏まえ、今回もオンラインにより開催致します。

<2020年10月度定例会詳細>

■定例会

【日 時】 2020年10月25日(日) 14:30-16:30

【場 所】 ZOOMによるオンライン開催(接続先は、参加予定の方に別途ご連絡)

【テーマ】 「無料でできる!技術動向調査 ~特許から探る中小企業の技術売り込み戦略~」

【講 師】 知財情報コンサルタント 野崎 篤志先生、 小野 貴久会員

【内 容】 ものづくり大国日本を支える中小企業およびスタートアップ・ベンチャー企業にとっては”技術”が最重要の経営資源です。
診断士として経営助言をする場合、顧客の持つ”技術”がどのようなものか把握し、その活用先について顧客を超えた卓見性を示すことができれば信頼されること間違いなしです。
しかし、専門家でない診断士が”技術”を理解することは難しいです。そこで本企画では、誰でも無料で活用できる「特許情報を使い、エクセルで、技術動向を調査する方法」をお伝えします。

当日は、最初に小野会員より、
(0) とある中小企業の新製品開発企画(架空事例紹介)
(1) 知的財産って何?どんな役に立つの?(基本のおさらい)
(2) 中小企業が大企業と協業する際の、診断士の助言ポイントとは?
(3) 協業がポイント「戦略的基盤技術高度化支援事業」の紹介
(4) 協業先を見つけるにはどうしたらいいの?(野崎先生へのつなぎ)

以上を30分程度ご紹介頂いた後、知財情報コンサルタントの野崎篤志先生(外部講師)に、特許調査の概要の説明と実演を行っていただきます(1時間10分程度)。

知的財産、特許調査、というと”難しい”、”関係ない”と敬遠されてしまうかもしれませんが、診断士の皆さんが興味を持てる”設定”と”関連情報”を盛り込み、さらに外注したら100万はかかる特許調査が無料でできるノウハウを惜しげもなく公開いただきます。是非、ご参加いただけますようお願いいたします!

■懇親会
 今回は開催致しません。

■新規入会希望者の見学および入会手続き
新規入会希望者の見学および入会手続きを受け付けております。政策研に興味のある方がいらっしゃいましたら、下記問い合わせまでご連絡ください。
※定例会の見学参加費は無料です。

サポーターML:sp-seisakuken2020@googlegroups.com

開催案内:2020年9月度定例会

中小企業政策研究会9月度定例会の詳細をご案内させて頂きます。

新型コロナウィルスの感染が継続している状況を踏まえ、幹事会の決定により今回もオンラインにより開催致します。

■定例会 

【日 時】 2020927() 14:30-16:30

【場 所】  ZOOMによるオンライン開催(接続先は、参加希望者へ後日ご案内します)

【テーマ】 大半の中小企業の事業承継の第一歩は事業再生! ~必須知識として「特定調停」 「事業再建ADR」を学ぶ~

【講 師】 堂野 達之 氏 
弁護士 日本弁護士連合会 中小企業法律支援センター事務局次長
企業再建・承継コンサルタント協同組合 企業再建ADR法律顧問

【内 容】

中小企業庁によると「今後10年間に70歳を超える中小企業、小規模企業の社長は245万人。このうち127万人は後継者未定2025年頃までに累計650万人の雇用と約22兆円のGDPが失われる恐れがある」とのことです。事業再生のメドが立てば、経営者は事業承継を推進します。逆に言えばメドが立たないから事業承継は進まないのです。

どうすれば事業再生出来るのか? 

債務整理を伴う再生案件への対応方法として「特定調停」「企業再建ADR」を活用しようとする企業が増えています。(最下部の用語説明を参照ください)

「特定調停」 「企業再建ADR」を理解し、中小企業診断士として事業再生⇒事業承継を推進することが、より一層できるようになることが必要です。「特定調停」や「事業再建ADR」を理解し、それらを活用した事業再生⇒事業承継の成功事例や手法の理解は必須だと思います。

弁護士業界で特定調停を活用した事業再生の第一人者でもある堂野先生を講師に迎えて、勉強したいと思います。

Wikipediaによると以下の通り

特定調停:特定調停とは、借金の返済が滞りつつある借主について、裁判所が、借主と貸主その他の利害関係人(保証人など)との話し合いを仲介し、返済条件の軽減等の合意が成立するよう働き掛け、借主が経済的に立ち直れるよう支援する手続である。

 

ADR:裁判外紛争解決手続(さいばんがいふんそうかいけつてつづき、英語: Alternative Dispute Resolution; ADR)とは、訴訟手続によらない紛争解決方法を広く指すもの。紛争解決の手続きとしては、「当事者間による交渉」と、「裁判所による法律に基づいた裁断」との中間に位置する。

ADRは相手が合意しなければ行うことはできないが、紛争解決方法としては、あくまで双方の合意による解決を目指すものと、仲裁のように、第三者によって法的判断が示されるものとに大別される。

■懇親会 

 今回は開催致しません。 

■新規入会希望者の見学

新規入会希望者の見学および入会手続きを受け付けております。政策研に興味のある方がいらっしゃいましたら、政策研ホームページ、および下記《こくちーず》 の登録をご紹介いただきますようお願い致します。

【見学申し込み方法】 《こくちーず》よりお申込みください。
  [PC/スマホ/携帯電話共通https://kokucheese.com/event/index/601475/
※定例会の見学参加費は無料です。

本内容に関する問い合わせ先
 サポーターML:sp-seisakuken2020@googlegroups.com
 ご不明点等御座いましたらご遠慮なくお問い合わせください。

 

開催案内:2020年8月度定例会

中小企業政策研究会8月度定例会の詳細をご案内させて頂きます。

新型コロナウィルスの感染が継続している状況を踏まえ、幹事会の決定により今回もオンラインにより開催致します。

■定例会

【日 時】 2020年8月18日(火) 19:30-21:30

【場 所】ZOOMによるオンライン開催(接続先は別途ご案内します)

【テーマ】 「データサイエンティストになってみよう」

【講 師】 山森直樹会員

【内 容】 

機械学習やAIという言葉は皆さん聞いたことがあると思います。
しかし、データサイエンティストや機械学習が具体的にどういう思考で行われているか説明することは難しいと思います。
データサイエンティストとは、データサイエンス力(情報処理、統計学など)、データエンジニアリング力(データを使える形にし、実装や運用する)をベースにデータから価値を創出し、ビジネス課題に答えを出すプロフェッショナルのことです。中小企業診断士の方がデータサイエンスやエンジニアリングをできる必要はありませんが、ビジネス力(課題や背景を理解した上でビジネス課題を整理する)を活かしてデータサイエンティストに繋ぐためのコーディネートが求められています。   

また、内閣府のAI白書2019では2025年に向けたAI戦略において、小学生からの教育整備に始まり、社会人のリカレント教育まで、年代別の数理リテラシー向上策が進められようとしています。
今回は、データサイエンティストになったつもりでデータ分析の問題を解いて頂き(何でそうなるか説明する)、データサイエンティストの思考過程を体験(違いを認識する)して頂きます。簡単な問題から回帰・判別までを取扱い、人間と機械の思考過程について体感・理解して頂けたら幸いです。
基本的には座学+問題演習+解説の繰り返しですので、参加者でのディスカッションなどはありません。
難しい内容は取り扱いません(義務教育範囲)ので、たまには紙と鉛筆を持ってちょっとした計算などしてみませんか。

■懇親会

終了後にオンライン懇親会の開催を検討しています。開催方法は後日お知らせします。

■新規入会希望者の見学

新規入会希望者の見学および入会手続きを受け付けております。政策研に興味のある方がいらっしゃいましたら、下記《こくちーず》 よりお申し込みください。

【見学申し込み方法】
  [PC/スマホ/携帯電話共通] https://kokucheese.com/event/index/599503/
※定例会の見学参加費は無料です。

本内容に関する問い合わせ先
 サポーターML:sp-seisakuken2020@googlegroups.com
 ご不明点等御座いましたらご遠慮なくお問い合わせください。

開催案内:2020年7月度定例会

開催案内:2020年7月度定例会

中小企業政策研究会7月度定例会の詳細をご案内させて頂きます。

新型コロナウィルス感染影響が継続いている状況を踏まえ、幹事会の決定により今回もオンラインシステムにより開催致します。今回は、もともと予定していました定例会テーマが実会場でしか開催できない内容でしたので、今回はピンチヒッターとしてオンラインでできるホームページの作成講座を実施いただきます。

 

定例会 

【日 時】 2020年7月14日(火) 20:00-22:00 (開場19:30)

【場 所】  ZOOMによるオンライン開催(接続先URL、ミーティングID、パスワードは6/23送付済みのMLをご確認ください。)

【テーマ】 「Wordpressでホームページを作ろう!」

【講 師】 PIT代表 村上知也会員

【内 容】 中小企業診断士は、未だにホームページを作っていない人が多いです。もしくは作っていても発信していない人が多いです。ぜひ継続的に、ご自身で情報発信できるようにホームページを自分で作れるようにしましょう!

WordPressは世界で一番たくさん使われているホームページソフトです。

操作を覚えることで、自分のホームページを作ったり、中小企業のホームページ支援ができるようになります。

 

○カリキュラム

(1)レンタルサーバの準備 ←事前準備が必要です※

(2)Wordpressの基本(投稿、固定ページ、メニュー)

(3)Wordpressの見た目の変更(テーマの設定)

(4)Gutenbergエディタのパーツ

(5)ウィジェット(追加の窓)

(6)プラグイン(追加のアプリ)

(7)アクセス解析(成果測定)

(8)成果につながる情報発信

※参加希望者には事前準備の手順をご案内させていただきます。

 

○事前課題動画

「Wordpressでホームページを作ろう!」講座 第01回 レンタルサーバ(ロリポップ)でWordpressをインストール

https://www.youtube.com/watch?v=XqmnsQWSInw

(もしよろしければ、チャンネル登録と、GOODボタンもよろしくお願いします)

 

■懇親会

 終了後にオンライン懇親会の開催を検討しています。開催方法を調整中のため定例会参加希望者に後日お知らせします。

 

見学ご希望の方

【見学ご希望の方】 《こくちーず》よりお申込みください。

  [PC/スマホ/携帯電話共通] https://kokucheese.com/event/index/597900/

※定例会の見学参加費は無料です。

 

本内容に関する問い合わせ先

 サポーターML:sp-seisakuken2020@googlegroups.com

 ご不明点等御座いましたらご遠慮なくお問い合わせください。

 

開催案内:2020年6月度定例会

中小企業政策研究会6月度定例会の詳細をご案内させて頂きます。

新型コロナウィルスの影響を踏まえ、幹事会の決定により今回もオンラインシステムにより開催致します。接続方法等詳細につきましては追ってMLにてご案内をお送りします。

定例会

【日 時】 6月16日(火)20:00~21:30(終了時間は多少前後する場合があります)
【場 所】 ZOOMによるオンライン開催(接続先は後日ご案内致します)
【テーマ】 総会・企画コンペ
【内 容】 本年9月以降の定例会企画を決定する企画コンペを実施いたします。
      企画コンペでは、ネット投票による1次選抜を通過した上位10企画にプレゼンを行って頂き、
      定例会参加者による決選投票を行い、上位6企画を定例会での発表テーマとして採用とします。

懇親会

【時 間】 21:30-22:45
定例会終了後、そのままZOOMにて開催致します。ZOOMのブレイクアウトルーム機能を使い、4-5名にグループ分けをして、居酒屋のテーブル感覚でお話頂けるような形で開催致します(途中で2回程度グループ替えの予定)。飲み物・おつまみなどご用意の上、ご参加下さい。参加の際は、フルネームと政策研入会年の表示をお願い致します。(例)政策太郎(18年)

見学者ご希望の方

今回は内部イベントのため、見学者の受付は行いません。本研究会にご興味の方は、7月定例会(予定)へのご参加、もしくは本ホームページ「お問い合わせ」欄にて、ご連絡ください。

本内容に関する問い合わせ先
サポーターML:sp-seisakuken2020@googlegroups.com

開催案内:2020年5月度定例会

中小企業政策研究会5月度定例会の詳細をご案内させて頂きます。

新型コロナウィルス感染拡大が続いている状況を踏まえ、幹事会の決定により今回もオンラインシステムにより開催致します。接続方法等詳細につきましては追ってMLにてご案内をお送りします。

定例会

【日 時】2020年5月12日(火) 19:30-21:30

【場 所】clusterとZOOMにより開催(接続方法等の詳細については追ってご案内致します)

     バーチャルイベントプラットフォームのclusterについては、下記ご参照下さい。

     https://www.youtube.com/channel/UCBwdL4OKpxrq4VatfULpOAw

【テーマ】「『会わずにできる!』ネットコミュニティの発展のさせ方」

【講 師】小田恭央会員

【内 容】 

 これまでの多くのコミュニティでは人と人とが会って話す、そして一緒に行動する、ということで仲間意識を作ってきましたが、この常識が通じなくなってきています。時代の変化により「人と人とが会わない状態でもコミュニティを発展させていく」ということが求められるようになりました。

それではネットのみでコミュニティの運営が上手くいくのか?という疑問が出て来ます。

今回の発表では実際に9年間ネットのコミュニティを上手く使ってキャラクターを広げてきた小田会員より

  • ネットコミュニティはどのような運営をすると失敗するのか。
  • コミュニティを発展させるためにどのような工夫を実際に行ってきたのか。
  • ネットだけでどうやってコミュニティを広げてきたのか
  • 現在、3万本以上の動画がユーザーによって投稿されているが、どうしてここまで広がったのか

などを解説頂きます。

 今回は「cluster」というアプリでセミナーを見ることができるようにします。新しいものが好きな人にとっては面白いツールですので、ぜひclusterからご参加ください。(念のため、ZOOMでも同時配信します)

懇親会

 開催調整中のため、定例会参加希望者に後日お知らせします。

見学ご希望の方

 新規入会希望者の見学および入会手続きを受け付けております。政策研に興味のある方がいらっしゃいましたら、以下《こくちーず》より定例会の見学をお申込みください。
 【見学申込】[PC/スマホ/携帯電話共通] https://kokucheese.com/event/index/595410/

 ※定例会は初回に限り年会費不要で見学いただけます。

本内容に関する問い合わせ先

 サポーターML:sp-seisakuken2020@googlegroups.com

 ご不明点等御座いましたらご遠慮なくお問い合わせください。

開催案内:2020年4月度定例会

中小企業政策研究会4月度定例会の詳細をご案内させて頂きます。

昨今のコロナウィルス感染拡大の状況を踏まえ、今回はオンライン会議システムZOOMにより開催致します。ZOOMでの開催方法につきましては追ってMLにてご案内をお送り致します。通常と異なる開催方法となりますが、皆様是非ご参加下さいますよう、よろしくお願いいたします。 

定例会 

【日 時】2020414() 19:0021:00 →19:30~21:30(変更しました)

【場 所】ZOOMにより開催(接続方法等の詳細については追ってご案内致します) 

【人 数】先着40名(定員に達したため、参加受付を終了しました)

【テーマ】「直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN 

【講 師】浅野俊太会員、地引智美会員、増渕健二会員、木下忠会員(ビジネスモデルカフェ) 

【内 容】 

「今日の世界は1ヶ月前と同じではなく、今から1ヶ月後にも悪化する可能性が高いため、今日のビジネスモデルが今月の初めと同じようなら、あなたは現実から目を逸らしていて、おそらく廃業することになる。」

By Steve Blank 2020/3/19 引用「Action Today for CFO’shttps://steveblank.com/ 

現在世界的に進行している新型肺炎に起因し経済封鎖が進んでおり、経済全体が荒廃する中で何百万人もの人々が仕事を失う可能性が指摘されています。そして、デジタル革命等を通じて予想されていた社会変革のスピードが一気早まるはずです。 

幸か不幸かこの状況は弱い立場の企業をサポートすることが責務の中小企業診断士の活躍が期待される大きな機会であり、我々はそれに備える必要があります。 

政策研4月定例会では、新型肺炎に起因した経済的社会的な諸問題をブレストで考える場を提供し、当初企画案のとおり「直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN(佐宗邦威著、ダイヤモンド社(2019/3/6))をベースにしたクリエイティブシンキングのあり方を考えます。 

  

懇親会 

 今回はございません 

 

■本内容に関するお問い合わせ先

サポーターMLsp-seisakuken2020@googlegroups.com 

ご不明点等御座いましたらご遠慮なくお問い合わせください。

 

 

開催延期のご案内:2020年3月度定例会

【3月定例会開催延期のお知らせ】

2020年3月17日に予定しておりました3月定例会ですが、新型コロナウイルス感染症に対するリスク回避のため、延期することに致しました。

参加を予定されていた方々には大変申し訳ございませんが、ご理解いただきたく存じます。

開催時期が決定しましたらお知らせ致します。

一日も早く、この混乱が収束することを祈っております。

 

開催案内:2020年 2月度定例会

中小企業政策研究会2月度定例会をご案内させて頂きます。
皆様、是非御参加くださいますようお願い申し上げます。

定例会

【日 時】2020年02月11日(火) 19:00~21:00
【場 所】文京シビックセンター4階 シルバーホール
     東京都文京区春日1-16-21
【テーマ】中小企業の売上に「写真」はいかに貢献できるのか?
     −写真の有効活用により売上向上した事例を通じて−
【提案者】石田紀彦会員
【講 師】石田紀彦会員
【内 容】
2018年に『実演!「売れる商品写真」の撮り方』というタイトルで、政策研で講演をさせていただきました。
その時は「撮影技術」に重きを置きましたが、今回は「写真の活用方法」にフォーカスしたいと思います。
前年比80〜90%で売上が減少していた企業を、写真を有効に活用することで前年比105%までV字回復させた事例をベースに、
問題をどのように考え、どのように写真で解決していったのか、生の事例を基にお話します。※社長には社名と支援内容の公表許可を得ています
支援にあたって活用した手法は
 ・インターネットアンケート調査
 ・GIS分析
 ・売上/粗利分析
 ・RFM分析
等です。
経営学の教科書に載っている知識でも、実際に活用してみると、教科書とは違った知見が得られたものも多くあります。
それらの知識も共有・ディスカッションできればと思っています。
ふだん接することの少ない「写真」というプロモーションツールを、いかに活用することが中小企業の売上に最も良い影響を与えるのか。
自身の体験を共有することで政策研のボトムアップに寄与できたら、と思っています。

懇親会

【時 間】2020年02月11日(火) 21:15~
【会 場】北海道 後楽園メトロ・エム店
【予約名】中小企業政策研究会 金子
【会 費】3,000 円

見学ご希望の方

新規入会希望者の見学および入会手続きを受け付けております。
政策研に興味のある方がいらっしゃいましたら、《こくちーず》より定例会の見学をお申込みください。
【見学申込】《こくちーず》
【入会手続】
定例会では入会手続きも併せて行っております。中小企業政策研究会へご入会をご希望の方は年会費5,000円をご用意ください。
※定例会は初回に限り年会費不要で見学いただけます。
※懇親会は会費が必要となります。《こくちーず》に記載されている注意事項をご確認の上、お申込みください。
本内容に関する問い合わせ先
サポーターML:sp-seisakuken2019@googlegroups.com

アーカイブ

カテゴリー

ページトップへ
Copyright © 2020 中小企業政策研究会 All Rights Reserved.