私達は企業の未来をアシストする中小企業診断士のプロ集団です。

開催案内:2021年4月度定例会

<2021年4月度定例会詳細>
■定例会

【日 時】    2021年4月13日(火) 19:00-21:00(18:50開場)
【場 所】    ZOOMによるオンライン開催
【テーマ】   『人生が豊かになる! 【1冊30分で読む速読法】』
【講 師】    川原茂樹会員
【内 容】    あなたは1年間で何冊くらい本を読みますか?
      知らない知識を補充するのに、ネットだけでは不十分。
      速読ができると強い武器になる。教養を深める読書にも応用できます。

      ・本当はもっと読みたいのに、1冊読むのに時間がかかりすぎる
      ・未読の本がどんどん溜まる「積読」状態
      ・読んでも、内容が記憶に残らない。実践に活かせてない
      そんな、あなたに最適な【1冊30分で読む速読法】をお伝えします。

      昨年からストアカというサイトで速読セミナーを開催しており、
      大人気のコンテンツを、診断士スペシャルバージョンでお届けします。

      (参加にあたっての注意点)
      ・開始時刻に余裕をもってお入りください。途中参加・退出はオススメしません
      ・冒頭30分が解説。その後、実際に1冊30分で読むワークの時間です
      ・理解して、その場で実践する形式です。質問タイムは後半、時間の許す限り対応
      ・静かに1人でリラックス、集中できる環境から、ご参加ください
      ・グループワークの時間があります。出来るだけ、顔出しでお願いいたします

      <用意するもの>
      ・まだ読んでない紙の本 1冊  ※軽めのビジネス書がオススメです。
       × 小説、物語、対談、教科書、文字が小さい本、辞典・白書などは向きません。
       × Kindleなど電子書籍には対応していません。
      ・筆記用具(ノートまたは白紙の紙、ペン)
      ・付箋
      ・イヤホン(推奨)
      ・お飲み物(お好みで)
 
■懇親会  
 定例会終了後、開催する予定です(詳細は別途ご案内いたします)

■見学者受付
・政策研への新規入会を検討される方の見学を受け付けています。お知り合いで見学希望の方がいらっしゃいましたら、
 下記「こくちーずプロ」にてお申し込みできますので、ご紹介下さい。※定例会の見学参加費は無料です。

https://www.kokuchpro.com/event/9054d314d62b7f656ece8e9703d8a60f/1576606/
・中小企業診断士(合格してまだ未登録者は可)以外は見学できません。
・見学は一回のみとなります。

活動報告:2021年3月度定例会

3月度定例会は、『After/withコロナ時代に重要なビジネスモデルの変革~コロナ後の千載一遇のビジネスチャンスをモノにする』と題し、日下部沙織会員、木下忠会員、谷沢鷹続会員、地引智美会員よりご講演いただきました。

 

本会の大まかな構成として、序盤はAfter/withコロナに求められる中小企業診断士としての新しい提案力の必要性について触れられ、コロナ禍で着目されるビジネスモデルからヒントを得ました。

これを創発材料として、中盤には実践ワークショップを行い、終盤ではイノベーション創発のフレームワークの数々をご紹介いただきました。

 

定例会の狙い

 

■After/withコロナに求められる中小企業診断士としての提案力

昨今、特に注目される経済産業省管轄の「事業再構築補助金」について触られ、中小企業診断士として得意先・支援先に対して“ビジネスモデルイノベーション”の提案力が求められる点を強調されました。

 

事業再構築補助金

 

また、After/withコロナ時代のビジネスモデルのイメージを掴むために、コロナ禍で注目を浴びる様々な新ビジネス・新サービス(語学学習アプリ:Duolingoや在宅フィットネスサブスクリプションサービス:Peloton、フードデリバリー専門店:ゴーストキッチンズ 等)についてご紹介いただきました。

 

事例_edu

 

■「After/withコロナの革新的なビジネスモデルを考える」実践ワークショップ

紹介されたビジネスモデルのイメージを活用しながら、具体的に「After/withコロナの革新的なビジネスモデルを考える」ワークショップを実施しました。ツールとしてアイデア発想のフレームワークの一つである「マンダラート」を活用しました。

 

特定の産業テーマを事前にご用意いただき、参加者の興味・関心に応じて5~10名程度のグループに分かれる形式を取りました。テーマは下記の7つです。

 

  1. 恵比寿の日本酒居酒屋(増田会員提供テーマ)
  2. アニメの地方ビジネス(小田会員提供テーマ)
  3. リアル小売店
  4. 教育
  5. 旅行・観光
  6. フィットネス・健康
  7. SDGs・環境

 

マンダラート

 

各グループセッションではアイスブレイクから始まり、ブレストにより様々なアイデアを出し合うことで議論が盛り上がりました。

そして共創された新たなビジネスモデル案を各グループ代表者により発表されました。

短時間の議論ながらも興味深い案が多くあり、診断士の多様性と発想力に感心させられます。

 

■本会のまとめとして

様々なイノベーション創発のフレームワークの数々をご紹介いただきました。具体的には、ワークショップでも活用された「マンダラート」やアイデアを選別する「アイデア集約シート」、ビジネスモデル構築に必要な要素を整理し全体像を把握する「ビジネスモデル・キャンバス」等です。

結びとして、After/withコロナのビジネス創発を今のうちから想定しておく必要性について語られました。また、数多くの情報が様々なところから発信されるが、自分で具体性を持って考えることが近道である、とお伝えいただきました。

 

以上

アーカイブ

カテゴリー

ページトップへ
Copyright © 2021 中小企業政策研究会 All Rights Reserved.