私達は企業の未来をアシストする中小企業診断士のプロ集団です。

ご案内:2018年8月度定例会

<2018年8月度定例会詳細>

中小企業政策研究会の8月度定例会の詳細をご案内させて頂きます。
皆様、是非御参加下さいますよう宜しくお願い致します。

■定例会
【日 時】8月21日(火) 19:00~21:00
【場 所】文京シビックセンター4階 シルバーホール
     東京都文京区春日1‐16‐21
        http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html 

【テーマ】
徹底研究!地域支援を行う診断士のあるべき姿とは?
~ゴーストタウンだった熱海の街を復活させた事例から探る!~ 

【提案者】小島 慶亮 会員

【講師】
外部講師:市来 広一郎(いちき こういちろう)氏
株式会社machimori代表取締役。NPO法人atamista代表理事。
(一社)熱海市観光協会理事。(一社)ジャパン・オンパク理事。(一社)日本まちやど協会理事。
1979年静岡県熱海市生まれ。東京都立大大学院理学研究科(物理学)修了後、IBMビジネスコンサルティングサービス(現日本IBM)勤務。
2007年熱海にUターンし、ゼロから地域づくりに取り組み始める。
遊休農地再生のための活動「チーム里庭」、地域資源を活用した体験交流プログラムを集めた「熱海温泉玉手箱(オンたま)」を熱海市観光協会、熱海市と協働で開始、プロデュース。
2011年民間まちづくり会社machimoriを設立、2012年カフェ「CAFE RoCA」、2015年ゲストハウス「guest house MARUYA」をオープンし運営。
2013年より静岡県、熱海市などと協働で「ATAMI2030会議-熱海リノベーションまちづくり構想検討委員会」や、創業支援プログラム「99℃-Startup Program for ATAMI2030」なども企画運営している。

内部講師(ファシリテーター):小島 慶亮 会員

【内容】
「名ばかりコンサルタント」が地方創生の現場を荒らしています。
他地域での成功事例を横展開し、補助金を獲得、一見見栄えの良いプロジェクトが立ち上がります。
しかしそれは、地域特有の課題も捉えられておらず、ただ箱ものをつくったりイベントを行うだけで補助金を食いつぶすだけ…
もちろんプロジェクトは失敗、地域には何も残りません。

今回は「熱海」を舞台に地域に根差した取り組みを紹介しながら、地域活性化支援を行う中小企業診断士のあるべき姿を一緒に探ります!

今回ご講演いただく、市来広一郎氏は地元熱海で「100年後も豊かな暮らしができるまちをつくる」をミッションに約10年前から地域に根差した地域再生支援を行ってきました。

市来氏の仕掛けにより、次々に空き店舗が飲食店などとしてオープン、商店街は人、特に若者でにぎわう街に変貌しています。

市来氏の取り組みは、観光庁も高く評価!
再生事例として観光白書にも掲載されています。

また、メディア掲載も多数あり、さらに最近は書籍を出版したこともあり、ますますメディア露出が増えていて、各地の地方再生・活性化に取り組んでいる人々が注目しています。

書籍「熱海の奇跡」
http://amzn.asia/7bWS4BO

メディア掲載実績:NHK総合、NHK BS1、NHKラジオ、BS FUJI、伊豆急ケーブルネットワーク、静岡朝日テレビ、その他、地方テレビ局・地方新聞など、各種メディアに掲載。

NHK「サキどり↑」(2017年3月19日放送)出演
http://www.nhk.or.jp/chiiki/movie/?das_id=D0015010619_00000

東洋経済ONLINE「「寂れた昭和の温泉地」熱海が蘇った根本理由」
https://toyokeizai.net/articles/-/229731?display=b

東洋経済ONLINE「熱海が「イケてない街」から脱せた本当の意味」
https://toyokeizai.net/articles/-/229497?display=b

現代ビジネス「衰退一途の熱海がいつのまにか復活を遂げた「再生の秘密」」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/56405

伊豆経済新聞「熱海のNPO法人代表が書籍「熱海の奇跡」刊行 まちづくり10年の軌跡つづる」
https://izu.keizai.biz/headline/786/

日本経済新聞書評
https://r.nikkei.com/article/DGKKZO3270247006072018MY7000?s=1

朝日新聞書評
https://www.asahi.com/articles/DA3S13597808.html

市来氏のリアルなお話しを直接聞ける絶好の機会ですので、日程ご調整のうえ、ぜひご参加ください!

■懇親会
【時 間】21:15~
【会 場】北海道 後楽園メトロ・エム店
      http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13116515/
【予約名】中小企業政策研究会 山本
【会 費】3,000 円

■ご注意事項等
(1)《ちょー助》の登録は、本人と分かる登録名にしてください。
(2)懇親会欠席の場合は、『2日前の8月19日(日)23:55まで』に《ちょー助》の登録を変更してください。
(3)2日前の23:55以降の出欠変更(参加も含む)は、下記宛先にご相談ください。
  サポーターML:sp-seisakuken2018@googlegroups.com
(4)懇親会を無断で欠席された方、2日前の23時55分以降にキャンセルされた方は内規に従って後日実費を請求させて頂きます。
(5)懇親会に予約なしで参加される場合は、+500円頂戴する運用になりました。
(6)サポーターへの連絡なく懇親会に参加されると、予約人数の関係上お店に入れなくなる可能性がございます。
  ご多忙の折、大変恐縮ですが、出欠連絡へのご協力をお願いします。

 

2018年度7月定例会 活動報告

2018年度7月定例会 活動報告

 

2018年7月度の定例会についてご報告いたします。

 7月度定例会は、岩本亨会員の企画として『失敗企業と成功企業の分岐点~私の再生支援経験より~』と題し、ご自身に講演を行っていただきました。

 

■会社の経営悪化には共通の原因がある  岩本亨会員

岩本組組長の岩本会員は独立して13年、CRC(企業再建・承継コンサルタント協同組合)を中心に、企業再建に携わった案件数は約60件を超えるとのことです。

再生支援、承継支援の対応としては、基本的にセオリーがあり、それをきちんと遂行するのが大切となります。今回は、再生支援、承継支援のプロマネをしている、染谷勝彦会員、加藤元弘会員、中村守人会員にも15分程度ずつ実体験をお話いただきました。

尚、CRCは基本的に金融機関から紹介を受けた案件を、会社も全金融機関も納得できる計画を策定し、しかも必要があればTAM(ターンアラウンドマネージャー)を送り込んで、一緒になって経営正常化やスムーズな承継を実現してきた協同組合です。

中小企業診断士として再生・承継案件にどのように対処すれば良いか?その基本的な考え方も含めお話いただきました。

写真 2018-07-17 19 03 06

 

■事例Ⅰ 事業譲渡&民事信託スキーム  中村守人会員

2年前に中小企業診断士として独立し、CRCで企業再建、事業承継案件をこれまで9件手掛けたとのことです。今回は、経営者の高齢化、後継ぎの不在、多額の債務超過に陥った企業の事業を、民事信託のスキームを活用し事業譲渡した事例をお話いただきました。民事信託を活用することで、スムーズに事業譲渡できた事例でした。

 

■事例Ⅱ 本業立て直しによるPL改善  加藤元弘会員

ホテルやレストラン向けに業務用食品を製造・仕入・販売をしている製造業者の事例です。最新の機器を導入したにも関わらず、売上の減少、価格競争による利益の減少、借入れ過多、組織の機能不全等の状況により営業利益ベースでマイナスが出ていました。

CRCは定期的なモニタリングという形で支援に携わりました。しかしながら、1年目は現場が全く動かず、成果が出ずに終わったとのことです。2年目は、各部門のキーマン同士のコミュニケーションを活発にした所、内製化するという共通の方向性に向かって各部門が一体化する動きが出てきたとのことです。その結果、3年目は黒字化が達成できました。

当たり前のことを当たり前に実行すること、コミュニケーションの活性化には粘り強く取り組むことの重要性を再認識した事例だったとのことです。

 

■事例Ⅲ 温泉旅館の再生支援事例  染谷勝彦会員

バブル崩壊後の景気後退局面を設備投資で乗り越えようとしたが失敗し、再生に向かうも2次破綻した地方の温泉旅館を再生支援した事例です。

TAMを投入し、親子3世代をターゲットにした施策、地元の酒蔵とコラボした利き酒会、高卒の従業員が生き生きと働ける施策等を実施した結果、業績が改善しました。

写真 2018-07-17 19 43 59

 

■事例Ⅳ 地元有力老舗の再生  岩本亨会員

地元で有力な老舗の食品会社でしたが、グループ全体4社とも債務超過に陥っており、赤字体質だったとのことです。実施した施策としては、硬直化してしまった組織に、TAMを2名投入し、経営体質改善を行いました。

経営改善からリーダー育成による組織強化や、利益体質への転換等を約5年かけて支援を行い、黒字化を実現しました。

 

■まとめ  岩本亨会員

講演のまとめとして、失敗企業の現場からの学びをお話いただきました。

 

失敗企業に共通する10コの問題点

            ◎あるべき経営判断  ⇔ ×残念な経営判断

① 意思決定の仕方 : ◎話し合いで決める  ⇔ ×社長だけで決める

② 判断の根拠   : ◎情報と知識で    ⇔ ×過去の経験に頼る

③ 検討方法    : ◎いろんな視点で   ⇔ ×偏った視点のみで

④ 事業の進め方  : ◎計画に沿って    ⇔ ×目先の利益が出るか

⑤ 見通しの立て方 : ◎最も厳しい予測   ⇔ ×最も甘めの予測

⑥ 対応の特長   : ◎迅速かつ冷静    ⇔ ×不明確

⑦ 経営責任体制  : ◎明確        ⇔ ×不明確

⑧ 重視ポイント  : ◎実体重視      ⇔ ×体裁整備

⑨ 情報管理    : ◎細かく注意     ⇔ ×ほとんど考えない

⑩ 専門家の活用  : ◎積極的に意見を聴く ⇔ ×活用しない

 

失敗企業にならないために 経営改善のキーワード

「当たり前のことを、当たり前にやる」

「コンプライアンス(法令順守):ルールを守る」

「きちんと数字で判断する」

「従業員を大切に」

 

■最後に

中小企業診断士試験に合格したものの、実践のスキルがなかったご自身の体験を振り返りつつ、企業再建・事業承継に携わる意義についてお話いただきました。経営課題を抱え困っている中小企業の経営者がたくさんいる中で、TAM講座等を通じて実践力を学び現場で発揮していくことで、本当の意味で中小企業の経営者の役に立つことができるのではないか、と締めくくりました。

アーカイブ

カテゴリー

ページトップへ
Copyright © 2019 中小企業政策研究会 All Rights Reserved.