私達は企業の未来をアシストする中小企業診断士のプロ集団です。

第4回:二次試験直前!中小企業政策研究会 代表 遠藤直仁より激励メッセージ

はじめまして、中小企業政策研究会会員の夏原です。

中小企業政策研究会(通称:政策研)のWEBチーム編集事務局がお届けする2016年受験生応援ブログ、今回は皆さまに『元気と気合い』をお届けする企画です。

政策研代表の遠藤直仁から、みなさまへの激励メッセージをお届けします。


<遠藤直仁 略歴>
税理士・中小企業診断士
遠藤直仁&e-partners株式会社 代表取締役

1961年生まれ。青山学院大学経営学部卒。
大手アパレルメーカーにて企画部門ブランド責任者など13年間の勤務経験を経た後、中小企業診断士、税理士の資格を取得し、独立開業。青山学院大学大学院非常勤講師の職を経て、現在、経営管理のアドバイザーとしてコンサルティング業務等に従事。 さらに、資格の学校「TAC」にて中小企業診断士科の講師として受験指導と後継者の育成にも注力している。
講師歴17年、年間講義時間:1,000時間超、担当領域:財務会計、税務、法務、経営戦略論、組織論、マーケティング、経済学、オペレーションマネジメント、中小企業論、中小企業政策など。


資格の学校TACのWebや授業で見かけたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
受験生の皆さん、ぜひ合格して政策研の遠藤先生に会いに来てくださいね。

今日も診断士を目指すみなさまに、幸あれ!

Natsuhara_prof記事作成&インタビュー担当/夏原 馨(なつはら かおり):

1980年生まれ・愛知県産/兵庫県出身。神戸大学建設学科市民工学科卒。
「子どもたちに希望ある未来を手渡す」をテーマに、地元品川区の中小企業支援や、商店街支援、システムコンサルなどのお仕事をしています。また、TACや企業・公的機関で講師も務める2児の母です。
2015年中小企業診断士試験合格、2016年1月登録。

アーカイブ

カテゴリー

ページトップへ
Copyright © 2019 中小企業政策研究会 All Rights Reserved.