私達は企業の未来をアシストする中小企業診断士のプロ集団です。

2015年9月度定例会の風景

2015年9月度の定例会についてご報告致します。

9月度の定例会は、ビジネスモデルカフェメンバーである小島会員の提案企画として、バリュープロポジションキャンバス体験会~価値創造を加速させ成功確率を高めるツールの習得~というテーマで開催されました。

20150915_01

 

 

 

 

 

 

 

最初に、ビジネスモデルキャンバス(以下、BMC)が相互に関係する9つの要素(顧客セグメント、価値提案、チャネル、顧客との関係、収入の流れ、主要リソース、主要活動、パートナー、コスト構造)から構成されることをご説明いただきました。

その上で、某ファーストフードチェーンの経営企画に配属された社員という想定の下、新しいビジネスモデルの創生をミッションとして、バリュープロポジションキャンバス(以下、VPC)を使ったワークが実施されました。

最初のワークでは、新しい価値提案についてグループで意見を出し合い、顧客満足とは何か、プロダクト・アウトやマーケット・イン思考など、価値提案を考える上で必要な視点について学びました。また、VPCは価値提案と顧客セグメントの2つにフォーカスして考え、それらの整合性を見極めながら価値提案をブラッシュアップしていくためのツールであると解説されました。

20150915_02

20150915_03

 

 

 

 

 

 

2つ目のワークでは、設定されたペルソナ(25歳女性、彼氏あり、など)を基に、潜在ニーズを探り、具体的な製品・サービスを考えるというVPCの活用について体験しました。VPCの要素であるジョブを決め、ペイン、ゲインを洗い出し、ペインの改善やゲインの増幅に繋がる製品・サービスを考えていく VPCは、顧客のニーズに沿った価値提案を考える上で非常にわかりやすいツールであることを体感できました。

20150915_04

20150915_05

 

 

 

 

 

 

 

そして、最後のワークでは、新たなVPCからBMCを完成させ、収入やコストのバランス、主要リソースやパートナーの活用、顧客との関係などを総合的に判断し、実際のビジネスとして成り立つかどうかを確認し合い、活発な意見交換を行いました。VPCとBMCを何度も回していくことで、より精度の高い価値提案に繋がるとのことでした。

中小企業診断士として、創業支援、経営革新、新規事業立ち上げ、企業再生などさまざまな場面で活用でき、また、ビジネスのアイデア発想や全体像を見るのに非常に適したツールであることを学ぶことができ、非常に満足度の高い定例会となりました。

【今後の定例会日程】詳細は後日掲載いたします。

10月度定例会 10月13日(火)19:00~21:00予定

テーマ名:明日を描く診断士の新常識!民事信託を用いた戦略的事業承継

11月度定例会 11月17日(火)19:00~21:00予定

テーマ名:企業再建・廃業における経営者保証ガイドラインの活用の可能性

以上

アーカイブ

カテゴリー

ページトップへ
Copyright © 2019 中小企業政策研究会 All Rights Reserved.