私達は企業の未来をアシストする中小企業診断士のプロ集団です。

2015年3月度定例会の風景

2015年3月度の定例会についてご報告致します。

3月度の定例会は中小企業政策研究会会員の岩本亨さん企画として、元銀行マンで現在CRC企業再建・承継コンサルタント共同組合 寺岡雅顕さんをお招きして、「金融機関は中小企業をどう見ているのか?」というテーマで講演頂きました。

20150317_02

 

最初に、金融円滑化法の実態、中小企業再生支援制度の概要についてお話があり、中小企業再生支援協議会やミラサポなど支援ネットワークの中で中小企業診断士に期待されている役割に関してご説明を頂きました。診断士に求められているのは、「安定的、持続的なP/Lの改善」「経営力の回復」であり、企業が自力で経営ができる道筋を立てることができるよう導いてあげることです。そして、税理士が支援できない部分を理解したうえで、一緒になって企業支援を行う必要があります。

 

 

また、企業再生支援の現場では、金融機関は最大のステークホルダーであり、彼らの考え方を把握したうえで、協力を求めていく必要があります。財務面のデューディリジェンスで企業の本当の収益力を把握し、事業・業務面のデューディリジェンスで収益を生む事業に転換しP/Lを改善するための経営改善計画を立てて、金融機関を説得していくことが求められます。そのために、診断士は金融機関と同じ目線で話ができるように、財務分析能力と当該企業に関わる深い業界知識や経験を身につけている必要があります。

20150317_01

 

最後に、事前に募集をかけていた質問事項に対して、寺岡さんの豊富な経験を踏まえて丁寧なご回答を頂きました。「金融機関から見て診断士に足りないものは?」や「診断士として心がけるべきことは?」等、今後の我々が身につけていかなくてはならない考え方やスキルに繋がるお話が多く、会員にとって非常に実りのある定例会となりました。

 

 

 

【今後の定例会日程】詳細は後日掲載いたします

4月度定例会 4月21日(火)19:00~21:00予定
テーマ名:「ここが変だよ、中小企業の決算書」

5月度定例会 5月19日(火)19:00~21:00予定
テーマ名:「中小企業診断士としてのホームページの作り方」

 

ご案内:2015年4月研究会

2015年4月の定例研究会についてご連絡致します。

【4月定例会】

■テーマ:ここが変だよ、中小企業の決算書

■講師: 秋山会員(FATチーム)

■グループワーク運営:FATチーム会員

■日時:4月21日(火) 19:00-21:00

■場所:文京シビックセンター3階 会議室1・2

http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html

※前回(4階)と会場が異なります。ご注意ください。

■内容

中小企業診断士なら決算書を片手に会社の真の姿をズバリ!指摘してみたいですよね。

しかし、中小企業の決算書は必ずしもその実態を反映しているとは限りません。

中小企業にありがちな貸借対照表、損益計算書を事例で紹介し、なぜそのような決算に

なっているのか、正しく実態を把握するポイントについて共有します。

グループワークでは、FAT印刷の決算書を確認して社長にヒアリングを行い、会社の

実態を報告していただきます。

財務会計が苦手、でも何とかしたい!と感じている皆さん、参加お待ちしております。

———————————————————–
■懇親会
会場:北海道 後楽園メトロ・エム店(前回と同じ)
http://hokkaido-aji.com/lite/shop/shop1411.html
会費:3,000円(予定)
————————————————————

入会をご検討(見学者含む)の皆様>>
下記のリンクよりお申し込みください。

http://kokucheese.com/event/index/280478/

今後の定例会スケジュールについては「年間スケジュール」をご確認ください。
http://www.shindan.gr.jp/schedule/

 

2015年4月度定例会の風景

2015年4月度の定例会についてご報告致します。

20150421_01

4月の定例会は、FATチーム(講師:秋山会員)より、2014年度コンペ優勝企画として「ここが変だよ、中小企業の決算書」というテーマで、講演頂きました。

はじめに、
・中小企業の決算書は必ずしもその実態を反映しているとは限らない。
・決算書を片手に会社の真の姿を知る必要性がある。
とのお話のもと、12グループに分かれ、グループワーク形式で2つの事例に取り組みました。

 

 

20150421_02

1つめの事例では、「とりあえず中小企業の決算書を見てみる」ことを目的に、ある飲食業の貸借対照表・損益計算書を見ながら、「ありがちなポイント」について分かりやすく説明がありました。

2つめの事例では、「学んだことを試してみる」ことを目的に、ある印刷業を題材にとり行われました。貸借対照表・損益計算書を確認のうえで、グループディスカッション・社長への質問(※)を行い、収益性・安全性の観点で、どこに問題が潜んでいるかということを突き詰めていきました。各班とも活発・白熱した議論が行われておりました。
※班ごとにFATメンバー1名がファシリテーターとして配置され、社長役を演じました。

20150421_03

事例を通じてのまとめとして、中小企業では、

・社長個人のお金と会社のお金が混ざりがち
・社員の人員が限られていることから、会計は後回しにされがち
・決算書の作成にあたっては、税務署と金融機関にさえ問題視されなければ良いと考えがち

であることを再確認するとともに、だからといって「正しい決算書に作り直す」ではなく、「正しく企業の実態を把握する」という視点が大事との話がありました。

 

その上で財務分析を行う際の3つの留意点について最後にお話をいただき、講演は終了しました。
①利益がでているからといって、安心しない
②前期比較、同業他社比較をやっただけで、安心しない
③税理士が作成した決算書だからといって、安心しない
「電卓を用い詳細な計算をし、比較を行う」のではなく、「俯瞰をして押さえるべきポイントを考える」という本テーマの切り口は非常に分かりやすく、特に「財務会計は苦手でも財務会計は気になる」会員にとって、非常に有意義な定例会となりました。

【今後の定例会日程】詳細は後日掲載いたします

5月度定例会 5月19日(火)19:00~21:00予定
テーマ名:「中小企業診断士としてのホームページの作り方」

6月度定例会 6月16日(火)19:00~21:00予定
内容:「定例会企画選考会(コンペ)」

ご案内:2015年5月研究会

2015年5月の定例研究会についてご連絡致します。

【5月定例会】

■テーマ:何故中小企業診断士はHPを作らない?

~士業としてのHPの作り方

■講師 :村上 知也会員(PITチーム)

■日時 :5月19日(火) 19:00-21:00

■場所 :文京シビックセンター4階 シルバーホール

http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html

■内容

中小企業診断士として独立してお仕事をされていても、
HPを作っていない方は多いものです。
ネット活用全盛の時代になぜ作らない方が多いのでしょうか?

今回の講義の中では90分でコンセプトのつくりかたから
来てもらって成約率を高めるポイント、そして自分でつくるにはどうする?まで
盛りだくさんでお伝えしたいと思います。

<目次>
・コンセプトをどうつくる?
・来てもらうには
・成約してもらうには
・自分で作る手段

■講師プロフィール

村上智也 中小企業診断士 http://london3.jp

1973年大阪生まれ。大阪大学生物工学修士。13年間、大手システムインテグレータで

ITコンサルタントとして活躍後、2008年に中小企業診断士を取得。

得意分野はお金をかけないwebマーケティング。ホームページやネットショップの

改善により、売上アップの支援を多数実施しております。

2014年は、公的機関セミナーを50回実施、100社以上の相談にのっております。

主な著書に以下があります。

「ゼロからはじめる 売上アップのためのネット活用(翔泳社)

「ビジネスで本当に使える統計学」(秀和システム)

■懇親会

会場 : 北海道 後楽園メトロ・エム店(前回と同じ)

会費 : 3,000円(予定)

http://hokkaido-aji.com/lite/shop/shop1411.html

■入会をご検討(見学者含む)の皆様

下記のリンクより、お申し込みください。

 http://kokucheese.com/event/index/287164/

■今後の定例会スケジュール

下記のリンクより、「年間スケジュール」をご確認ください。

 http://www.shindan.gr.jp/schedule/

アーカイブ

カテゴリー

ページトップへ
Copyright © 2019 中小企業政策研究会 All Rights Reserved.