私達は企業の未来をアシストする中小企業診断士のプロ集団です。

2014年4月度定例会の風景

2014年4月度の定例会についてご報告致します。
4月の定例会は、去年の企画提案コンペで1位を獲得した「事業再生研究会」が担当し、吉田 猫次郎氏をお招きして「事業再生」についてご講演いただきました。

テーマ「型にハマらない事業再生  ~末期状態からの生還事例集~」

講 師 吉田猫次郎(本名・吉川博文)氏

株式会社NEKO-KEN代表取締役 CTP認定事業再生士

 

2014042501吉田氏は、事業再生士として、また事業再生に関わる本の著者として大変なご活躍をされています。吉田氏の特にすばらしいところは、ご自身の会社をどん底の状態から再生したという、なかなか得ることのできない経験をお持ちだというところです。

冒頭、そのご自身の会社を、資産の3倍にも上る負債を抱えた状態から、いかにして再生を実現したかについてお話を伺いました。続いて、夜逃げをされていた経営者の再生話など5つの事例をお話しいただきましたが、すべて実話のため非常にリアルであり、大変わかりやすいご説明でした。

 

事業再生で大切なことは、「知識だけではなく、意識(本人がやろうという気持ち)が大切であること」、自殺も考えるほどの精神状態である相談者に対して「癒すこと、聴くことが大事」でありながら、行動に移す「スピード感」も大事であるなど、実際に事業再生の現場に身を置かれているからこそ聞くことができる臨場感あふれる話ばかりでした。

 

2014042502最後に、「吉田氏のようなアプローチは、普通の人はなかなかできないのではないか?」との質問に対し、「真似をする必要は全くなく、それぞれの得意分野を活かし、連携することで事業再生を実現することができる!」とのお答えをいただきました。本日のタイトル「型にハマらない」の言葉通り、形にこだわらずカッコ悪くても、事業再生する企業を1社でも増やしたいという、吉田氏の強い思いと我々診断士がなすべき役割を感じることができる会となりました。

 

 

アーカイブ

カテゴリー

ページトップへ
Copyright © 2019 中小企業政策研究会 All Rights Reserved.