私達は企業の未来をアシストする中小企業診断士のプロ集団です。

2012年2月度定例会の風景

MPAチームの発表で、2つの活動報告をしていただきました。

テーマ1:「秩父ミスコン」

20120303_02

 

 

 

 

 

 

 

20120303_03

 

 

 

 

 

 

 

テーマ2:「海外活動」

 

20120303_01

 

 

 

 

 

 

 

テーマ1:「秩父ミスコン」

MPA発表1
ミスコン(ミステリーコンサルティング)とは、「街を勝手に診断してしまおう」という企画のことで、今回の秩父の他にも軽井沢などでのミスコンも行なった。

今回対象とした秩父の商店街では、既にいくつか実践された企画があり、それ以外にさらに尖った企画を提案して欲しいとのことで、勝手にではなく、秩父商工会議所から依頼をいただいた。(・・・ということは、ミスコンではなく、一般的な商店街診断ですね)。

依頼に対して3班にわかれて、史跡をめぐるハーフマラソン大会や運動会、街中を走るカートレースなどの企画を提案し、依頼をされた方からも好評を得た。

MPA発表2

テーマ2:「海外活動」

MPA発表3
近年の経営相談の内容や中小企業施策も海外展開関連が多いことから、MPAでは海外活動にも力をいれている。 台湾、香港、上海と2008年からほぼ毎年海外合宿を行なっており、今、ミャンマーが熱いとのこと。

昨年実施した上海合宿には総勢21名が参加、さらに中小企業支援機関の方も参画し、日本の伝統工芸品を出展するアンテナショップの立ち上げのお手伝いも実施した。

チーム活動に遊び心をたっぷり感じ、スキルアップにもつながる実践的で有意義な活動をされているMPAにとても魅力を感じました。また、「日本に帰って寝ればいい!」をキャッチフレーズに、1分足りともムダにしない精神力と行動力に驚きました。

MPAのホームページはこちら http://mpa-consul.com/

2012年3月度定例会の風景

2012年3月の定例会についてご報告いたします。

テーマ1:「コンサルティングでの経営アドバイスのポイント」

発表者:沢田会員

テーマ2:「平成23年度特許法等の一部改正について」

発表者:亀山会員

テーマ1:「コンサルティングでの経営アドバイスのポイント」
20120330_01
経営者とのコミュニケーションにおけるコーチングスキルの活用や、経営者の目線に合わせたアドバイスの仕方、イエール大学での実験結果を例にした見える化による効果など、経営アドバイスを行う上でのポイントを、ロールプレイングを通じて説明いただきました。

アドバイス力の向上にあたって、①コミュニケーションスキルを高めること、②物事の要因の大きさ・バランスを意識すること、③ノウハウのネタや例の蓄積、④コンサルティングの事前準備、がポイントとのことでした。

「SWOT分析をわかりやすく伝える」ロールプレイングなどを通じて、コンサルティングでも必要な相手(経営者)のレベルに合わせた話し方の難しさを認識できました。

 

テーマ2:「平成23年度特許法等の一部改正について」

20120330_02

政策研写真2以前NASAでロケットの開発をされており、弁理士でもある亀山会員からは、昨年夏に3年ぶりに大幅に改正された特許法関連について、説明いただきました。

膨大な改正点の中から中小企業に影響のあるポイントを中心に、「サトウの切り餅」などの身近な事例も交えながら、①通常実施権等の対抗制度の見直し、②冒認出願等に係る救済措置の整備、③料金の見直し、④発明の新規性喪失の例外規定等の見直し、⑤商標権証明後一年間の登録排除規定の廃止、等について説明いただきました。

日常ではあまり馴染みのない法改正について、どんな背景があって法改正に至ったのか、実際の運用にあたってどのような影響が生じるのか、といった観点から知ることができ、知的財産権についての理解が深まりました。

 

※参考http://www.jpo.go.jp/torikumi/kaisei/kaisei2/tokkyohoutou_kaiei_230608.htm

20120330_03 20120330_04

 

 

今回から2011年度合格者のサポーターが運営をすることになり、司会の鈴木秀和さん(写真右)から2012年度サポーターのビジョンとして「私たちは、全診断士1年生のリーダーになる!」が発表されました。

今年1年どうぞよろしくお願いいたします。

アーカイブ

カテゴリー

ページトップへ
Copyright © 2019 中小企業政策研究会 All Rights Reserved.